スポーツインストラクターの仕事内容とは?必要な資格も合わせて紹介!

編集部 スポジョバ

スポーツインストラクターの仕事内容とは?必要な資格も合わせて紹介!

編集部 スポジョバ

「スポーツインストラクターの仕事内容を知りたい!」

「スポーツインストラクターとして仕事をするにあたって、どんな資格や能力が必要なの?」

前回はスポーツインストラクターも含む、「スポーツ業界」の仕事の種類に関して詳しく取り上げました!→スポーツに関連する仕事がしたい!スポーツ業界の仕事の種類

フィットネスクラブやスポーツクラブに行くとトレーニングの方法を教えてくれたりと、プロ選手だけでなく一般の方も接する機会が多いのがスポーツインストラクターという職業です。

今回は、スポーツインストラクターの仕事内容や資格、求められる能力などを詳しく取り上げていきます!

【スポーツを仕事に!】→仕事を見にいく

(PR)気軽にスポーツ情報ツウ?!「スポジョバ」公式LINEはこちら!

スポーツインストラクターの仕事内容とは?必要な資格も合わせて紹介!

スポーツインストラクターの仕事内容とは?


スポーツインストラクターの仕事内容とは、スポーツジムやフィットネスクラブなどで、スポーツに関する指導を行うことです。

スポーツの取り組み方や、器具の使い方だけではなく、トレーニングメニューの作成など、仕事内容は多岐に渡ります。

「腰痛を改善したい。」

「ダイエットをしたい、メタボを解消したい。」

「身体を鍛えたい!」

など、利用者によってスポーツを行う理由は様々。

利用客の目的や、年齢、体型が違う中で、それぞれの要望を聞き出し、その目的に合ったトレーニングメニューを作成しなければいけません。

また、トレーニングに関するメニュー作りだけでなく、食事や普段の生活面に関するアドバイスをすることもあります。

スポーツに取り組む人の目的に応じて総合的にサポートするのがスポーツインストラクターの仕事内容です。

身体的な面と精神的な面で利用者をサポートし、利用者のスポーツ生活をサポートする。そんな重要な役割をスポーツインストラクターは果たしています。

スポーツを継続するというのは一人ではなかなか難しいことなので、インストラクターの存在は必要不可欠ですね。


スポーツインストラクターの仕事に必要とされる能力とは?


利用者の目的や状態に合わせた適切なメニュー作り、指導を行うためにはスポーツ全般に関わる知識が必要になります。

トレーニングに関する理論や、身体の構造に対する理解。

種目ごとの専門的知識や、実践的な指導方法など、利用者を総合的にサポートするための様々な知識が必要です。

また、利用者や生徒の性格や人柄を理解しそれに合わせて指導をするコミュニケーション能力や、相手にスポーツを楽しんでもらうために工夫をする発想力など、必要とされる能力は様々です。


スポーツインストラクターはどこで仕事をするの?


スポーツインストラクターの就職先として多いのが、フィットネスクラブやスポーツクラブ、公共のスポーツ施設です。

正社員から契約社員など契約形態は様々。フリーランスとして働く人もいます。

ただ、スポーツインストラクターは若い人が多く、体力の問題から30代になると転職・退職する人が多いです。

転職先の仕事内容としてはマネージャーとしてスポーツインストラクターを管理したり、スポーツクラブの店舗全体の企画や運営の業務を行う正社員に転職するといったキャリアを歩む方もいます。


スポーツインストラクターの給与・年収はやや低め?


フリーとして活躍するスポーツインストラクターの給与は様々ですが、フィットネスクラブやスポーツクラブの正社員であれば同年代の他の職業と比べ、給与・年収は少なくなります。

正社員の場合、初任給は17万から20万円くらいで、年収は200万から300万円くらいが相場です。

そのあとは資格を取得したり、人気が上がったり、経験を積んでいくと給与が上がっていきます。


給与は他業種と比べると低いものの、運動をするのが好き、スポーツを通じて他の人に良い影響を与えたい、という方がスポーツインストラクターには多く、やりがいのある職業だといえます。


スポーツインストラクターの需要はこれから大きくなる?


スポーツ業界とはどんな業界?実は転職・就職におすすめの業界!?でも取り上げたように、スポーツ業界の拡大に向けて、日本政府は様々な政策を打ち出しており、スポーツ業界の市場規模は2020年には10兆円を超えると言われています。

また、スポーツ業界のこれから。少子高齢化の課題に対してどう取り組む!?にもあるように、健康を目的として運動をしたいという需要から、フィットネスクラブや体操教室などの利用者も増加していることがデータで証明されてます。


「スポーツ市場の拡大+スポーツ健康志向」の拡大によりスポーツインストラクターの職業の需要はこれからますます大きくなっていくことが予想されます。


スポーツインストラクターになるために役立つ資格とは?


豊富な知識が必要となるスポーツインストラクターですが、実は決まった資格や試験などはありません

しかし、スポーツインストラクターに関する資格は様々あります。

取得しておくと、就職活動や転職活動において有利に働いたり、仕事の幅も広がるため、自分のレベルや学びたいことに合わせて取得することがおすすめです。

おすすめの資格の1つが、公益財団法人日本スポーツ協会が認定する「スポーツプログラマー」という資格です。

スポーツプログラマーは、スポーツ科学及びスポーツ医学の見地から適切な運動指導を行うスポーツライセンスで、スポーツクラブなどでプロのインストラクターとして指導をする際に非常に役立ちます。

スポーツインストラクターとして仕事をするにあたり役立つ資格や、その取得方法に関して、こちらの記事では詳しく取り上げています。ぜひ合わせてお読みください!→【スポーツインストラクター資格4選】仕事に資格の有無は関係ない!?

フィットネスのピックアップ求人





フィットネスのピックアップ記事




▶▶フィットネスの求人一覧をみる

▶▶フィットネスの記事一覧をみる

最新の取材記事


スポジョバ公式ライン



(PR)スポーツ求人の掲載ならスポジョバ!期間無制限で掲載費無料!



「スポーツインストラクターの仕事内容を知りたい!」

「スポーツインストラクターとして仕事をするにあたって、どんな資格や能力が必要なの?」

前回はスポーツインストラクターも含む、「スポーツ業界」の仕事の種類に関して詳しく取り上げました!→スポーツに関連する仕事がしたい!スポーツ業界の仕事の種類

フィットネスクラブやスポーツクラブに行くとトレーニングの方法を教えてくれたりと、プロ選手だけでなく一般の方も接する機会が多いのがスポーツインストラクターという職業です。

今回は、スポーツインストラクターの仕事内容や資格、求められる能力などを詳しく取り上げていきます!

【スポーツを仕事に!】→仕事を見にいく

(PR)気軽にスポーツ情報ツウ?!「スポジョバ」公式LINEはこちら!

スポーツインストラクターの仕事内容とは?必要な資格も合わせて紹介!

スポーツインストラクターの仕事内容とは?


スポーツインストラクターの仕事内容とは、スポーツジムやフィットネスクラブなどで、スポーツに関する指導を行うことです。

スポーツの取り組み方や、器具の使い方だけではなく、トレーニングメニューの作成など、仕事内容は多岐に渡ります。

「腰痛を改善したい。」

「ダイエットをしたい、メタボを解消したい。」

「身体を鍛えたい!」

など、利用者によってスポーツを行う理由は様々。

利用客の目的や、年齢、体型が違う中で、それぞれの要望を聞き出し、その目的に合ったトレーニングメニューを作成しなければいけません。

また、トレーニングに関するメニュー作りだけでなく、食事や普段の生活面に関するアドバイスをすることもあります。

スポーツに取り組む人の目的に応じて総合的にサポートするのがスポーツインストラクターの仕事内容です。

身体的な面と精神的な面で利用者をサポートし、利用者のスポーツ生活をサポートする。そんな重要な役割をスポーツインストラクターは果たしています。

スポーツを継続するというのは一人ではなかなか難しいことなので、インストラクターの存在は必要不可欠ですね。


スポーツインストラクターの仕事に必要とされる能力とは?


利用者の目的や状態に合わせた適切なメニュー作り、指導を行うためにはスポーツ全般に関わる知識が必要になります。

トレーニングに関する理論や、身体の構造に対する理解。

種目ごとの専門的知識や、実践的な指導方法など、利用者を総合的にサポートするための様々な知識が必要です。

また、利用者や生徒の性格や人柄を理解しそれに合わせて指導をするコミュニケーション能力や、相手にスポーツを楽しんでもらうために工夫をする発想力など、必要とされる能力は様々です。


スポーツインストラクターはどこで仕事をするの?


スポーツインストラクターの就職先として多いのが、フィットネスクラブやスポーツクラブ、公共のスポーツ施設です。

正社員から契約社員など契約形態は様々。フリーランスとして働く人もいます。

ただ、スポーツインストラクターは若い人が多く、体力の問題から30代になると転職・退職する人が多いです。

転職先の仕事内容としてはマネージャーとしてスポーツインストラクターを管理したり、スポーツクラブの店舗全体の企画や運営の業務を行う正社員に転職するといったキャリアを歩む方もいます。


スポーツインストラクターの給与・年収はやや低め?


フリーとして活躍するスポーツインストラクターの給与は様々ですが、フィットネスクラブやスポーツクラブの正社員であれば同年代の他の職業と比べ、給与・年収は少なくなります。

正社員の場合、初任給は17万から20万円くらいで、年収は200万から300万円くらいが相場です。

そのあとは資格を取得したり、人気が上がったり、経験を積んでいくと給与が上がっていきます。


給与は他業種と比べると低いものの、運動をするのが好き、スポーツを通じて他の人に良い影響を与えたい、という方がスポーツインストラクターには多く、やりがいのある職業だといえます。


スポーツインストラクターの需要はこれから大きくなる?


スポーツ業界とはどんな業界?実は転職・就職におすすめの業界!?でも取り上げたように、スポーツ業界の拡大に向けて、日本政府は様々な政策を打ち出しており、スポーツ業界の市場規模は2020年には10兆円を超えると言われています。

また、スポーツ業界のこれから。少子高齢化の課題に対してどう取り組む!?にもあるように、健康を目的として運動をしたいという需要から、フィットネスクラブや体操教室などの利用者も増加していることがデータで証明されてます。


「スポーツ市場の拡大+スポーツ健康志向」の拡大によりスポーツインストラクターの職業の需要はこれからますます大きくなっていくことが予想されます。


スポーツインストラクターになるために役立つ資格とは?


豊富な知識が必要となるスポーツインストラクターですが、実は決まった資格や試験などはありません

しかし、スポーツインストラクターに関する資格は様々あります。

取得しておくと、就職活動や転職活動において有利に働いたり、仕事の幅も広がるため、自分のレベルや学びたいことに合わせて取得することがおすすめです。

おすすめの資格の1つが、公益財団法人日本スポーツ協会が認定する「スポーツプログラマー」という資格です。

スポーツプログラマーは、スポーツ科学及びスポーツ医学の見地から適切な運動指導を行うスポーツライセンスで、スポーツクラブなどでプロのインストラクターとして指導をする際に非常に役立ちます。

スポーツインストラクターとして仕事をするにあたり役立つ資格や、その取得方法に関して、こちらの記事では詳しく取り上げています。ぜひ合わせてお読みください!→【スポーツインストラクター資格4選】仕事に資格の有無は関係ない!?

フィットネスのピックアップ求人





フィットネスのピックアップ記事




▶▶フィットネスの求人一覧をみる

▶▶フィットネスの記事一覧をみる

最新の取材記事


スポジョバ公式ライン



(PR)スポーツ求人の掲載ならスポジョバ!期間無制限で掲載費無料!



友達追加するとあなたに合ったスポーツ業界情報をおしらせできます

友達追加する!

スポーツ業界の求⼈を探す


X
X
スポーツ業界の求⼈を探す

X

X

スポジョバについてもっと知る気軽にスポーツ業界の情報を知る

スポジョバ 公式SNS

フォローすればスポーツ業界の情報感度が上がる!