日本プロ野球(NPB)最多連勝記録を持つ歴代TOP3チームを紹介!

編集部 スポジョバ

日本プロ野球(NPB)最多連勝記録を持つ歴代TOP3チームを紹介!

編集部 スポジョバ

「日本プロ野球リーグが開幕して以来、最多連勝記録を持つのはどこのチーム?」

「日本プロ野球リーグの最多連勝記録が何勝なのか知りたい!」

前回は日本プロ野球や高校野球など、野球の試合にかかる時間について取り上げました!→野球の試合時間は長い?高校野球とプロ野球の平均試合時間は?

勢いに乗っているチームが連勝記録を重ねると、リーグ全体として活気が出て、試合観戦がより楽しくなりますよね。

今回はそんな連勝記録について取り上げていきます!

セ・リーグ、パ・リーグを合わせた日本プロ野球リーグが開幕して以来、最多の連勝記録を持つのはどこのチームなのでしょうか?

歴代チームの中で連勝の記録が多いTOP3チームに関して詳しく解説していきます!

(PR)気軽にスポーツ情報ツウ?!「スポジョバ」公式LINEはこちら!


日本プロ野球(NPB)の最多連勝記録を持つのはどのチーム?歴代TOP3を紹介!


日本プロ野球リーグ連勝記録第3位!1965年南海ホークス


日本プロ野球リーグ歴代の連勝記録の中で、連勝の記録が3番目に多いのが1965年の南海ホークス(現ソフトバンク)です。

南海ホークスの連勝記録は「17連勝」、1965年6月17日~7月14日の間で記録しました。

前年日本一を達成した南海は勢い止まらず好調を維持。チームの主砲・野村克也選手が「三冠王」を達成したり、「鷹の爪」とも呼ばれた広瀬叔功選手が「盗塁王」を表彰されたりと、様々な記録を残しました。

また、開幕わずか3ヶ月で「マジックナンバー62」が点灯(そのチーム以外のチームの自力優勝可能性がなくなったこと)を記録するなど、圧倒的な強さを当時は誇っていました。

後半は少し調子が落ちたものの、前半の絶好調もあり、2年連続で南海ホークスはリーグ優勝に輝きました。


日本プロ野球リーグ連勝記録第1位は2チーム!?1960年毎日大映オリオンズ


歴代連勝記録第1位は、同一勝利数で実は2チームあります。

そのうちの一つが、1960年の毎日大映オリオンズ(通称:大毎オリオンズ 現:ロッテマリーンズ)です。

連勝記録は「18連勝」、1960年6月5日~6月29日の間に記録しました。

当時の大毎オリオンズの打線は「ミサイル打線」と言われるほど強力なラインアップでした。

「安打製造機」榎本喜八、「シュート打ちの名人」山内一弘、「長嶋茂雄の3冠王を阻止した男」田宮謙次郎とのちに殿堂入りする3人の強打者を中心に、葛城隆雄、柳田利夫、矢頭高雄と強打者が打線に並び勝利数を重ねていきました。

強力打線を中心としたチームは2位の南海ホークスに4勝の差をつけてリーグ優勝に輝きました


日本プロ野球リーグ連勝記録第1位!1954年南海ホークス


大毎オリオンズと並ぶ「18連勝」を記録したのが、第3位でも登場したチーム南海ホークスの1954年のシーズンです。

新たにチームに加入した宅和本司選手が防御率1.58と活躍し新人賞を受賞、二塁手の森下正夫がベストナインに選ばれるなど、チームは好調でした。

しかし、ゲーム差0.5で西鉄ライオンズ(現:埼玉西武ライオンズ)に届かず、リーグ全体で2位と、最多連勝記録を記録したのにも関わらず、優勝を逃してしまいました。

連勝記録を塗り替えられるか、リーグ優勝ができるか、ということはチームの人気に大きく関わってきますよね。

最近では、2016年に大谷翔平選手が所属する日本ハムが15連勝を記録、そして日本1位の球団に輝いたことで注目を集めましたね。

しかし、強くなる以外にもチームの人気や売上を上げる方法はご存じですか?

こちらの記事ではプロスポーツチームのビジネスモデルについて詳しく解説しているので、「試合のことだけでなく球団やチームの運営も知りたい!」という方は合わせてお読みください!→プロスポーツのビジネスモデルを紹介!売上を決める4つの収入!


野球のピックアップ求人




野球のピックアップ記事




▶▶野球の記事一覧をみる

▶▶野球の求人をみる


最新の取材記事


スポジョバ公式ライン



(PR)スポーツ求人の掲載ならスポジョバ!期間無制限で掲載費無料!



「日本プロ野球リーグが開幕して以来、最多連勝記録を持つのはどこのチーム?」

「日本プロ野球リーグの最多連勝記録が何勝なのか知りたい!」

前回は日本プロ野球や高校野球など、野球の試合にかかる時間について取り上げました!→野球の試合時間は長い?高校野球とプロ野球の平均試合時間は?

勢いに乗っているチームが連勝記録を重ねると、リーグ全体として活気が出て、試合観戦がより楽しくなりますよね。

今回はそんな連勝記録について取り上げていきます!

セ・リーグ、パ・リーグを合わせた日本プロ野球リーグが開幕して以来、最多の連勝記録を持つのはどこのチームなのでしょうか?

歴代チームの中で連勝の記録が多いTOP3チームに関して詳しく解説していきます!

(PR)気軽にスポーツ情報ツウ?!「スポジョバ」公式LINEはこちら!


日本プロ野球(NPB)の最多連勝記録を持つのはどのチーム?歴代TOP3を紹介!


日本プロ野球リーグ連勝記録第3位!1965年南海ホークス


日本プロ野球リーグ歴代の連勝記録の中で、連勝の記録が3番目に多いのが1965年の南海ホークス(現ソフトバンク)です。

南海ホークスの連勝記録は「17連勝」、1965年6月17日~7月14日の間で記録しました。

前年日本一を達成した南海は勢い止まらず好調を維持。チームの主砲・野村克也選手が「三冠王」を達成したり、「鷹の爪」とも呼ばれた広瀬叔功選手が「盗塁王」を表彰されたりと、様々な記録を残しました。

また、開幕わずか3ヶ月で「マジックナンバー62」が点灯(そのチーム以外のチームの自力優勝可能性がなくなったこと)を記録するなど、圧倒的な強さを当時は誇っていました。

後半は少し調子が落ちたものの、前半の絶好調もあり、2年連続で南海ホークスはリーグ優勝に輝きました。


日本プロ野球リーグ連勝記録第1位は2チーム!?1960年毎日大映オリオンズ


歴代連勝記録第1位は、同一勝利数で実は2チームあります。

そのうちの一つが、1960年の毎日大映オリオンズ(通称:大毎オリオンズ 現:ロッテマリーンズ)です。

連勝記録は「18連勝」、1960年6月5日~6月29日の間に記録しました。

当時の大毎オリオンズの打線は「ミサイル打線」と言われるほど強力なラインアップでした。

「安打製造機」榎本喜八、「シュート打ちの名人」山内一弘、「長嶋茂雄の3冠王を阻止した男」田宮謙次郎とのちに殿堂入りする3人の強打者を中心に、葛城隆雄、柳田利夫、矢頭高雄と強打者が打線に並び勝利数を重ねていきました。

強力打線を中心としたチームは2位の南海ホークスに4勝の差をつけてリーグ優勝に輝きました


日本プロ野球リーグ連勝記録第1位!1954年南海ホークス


大毎オリオンズと並ぶ「18連勝」を記録したのが、第3位でも登場したチーム南海ホークスの1954年のシーズンです。

新たにチームに加入した宅和本司選手が防御率1.58と活躍し新人賞を受賞、二塁手の森下正夫がベストナインに選ばれるなど、チームは好調でした。

しかし、ゲーム差0.5で西鉄ライオンズ(現:埼玉西武ライオンズ)に届かず、リーグ全体で2位と、最多連勝記録を記録したのにも関わらず、優勝を逃してしまいました。

連勝記録を塗り替えられるか、リーグ優勝ができるか、ということはチームの人気に大きく関わってきますよね。

最近では、2016年に大谷翔平選手が所属する日本ハムが15連勝を記録、そして日本1位の球団に輝いたことで注目を集めましたね。

しかし、強くなる以外にもチームの人気や売上を上げる方法はご存じですか?

こちらの記事ではプロスポーツチームのビジネスモデルについて詳しく解説しているので、「試合のことだけでなく球団やチームの運営も知りたい!」という方は合わせてお読みください!→プロスポーツのビジネスモデルを紹介!売上を決める4つの収入!


野球のピックアップ求人




野球のピックアップ記事




▶▶野球の記事一覧をみる

▶▶野球の求人をみる


最新の取材記事


スポジョバ公式ライン



(PR)スポーツ求人の掲載ならスポジョバ!期間無制限で掲載費無料!



友達追加するとあなたに合ったスポーツ業界情報をおしらせできます

友達追加する!

スポーツ業界の求⼈を探す


X
X
スポーツ業界の求⼈を探す

X

X

スポジョバについてもっと知る気軽にスポーツ業界の情報を知る

スポジョバ 公式SNS

フォローすればスポーツ業界の情報感度が上がる!