コールドゲームになる点差や条件とは?高校野球以外にプロでもあるの?

編集部 スポジョバ

コールドゲームになる点差や条件とは?高校野球以外にプロでもあるの?

編集部 スポジョバ

「高校野球で適用されているコールドゲームとはどのようなルールなの?」

「コールドゲームになる点差や条件について詳しく知りたい!」

前回は野球のDH(指名打者)制に関して詳しく解説しました!【野球ルール解説】指名打者の略であるDH制度とはどんな意味?

9回まで試合を行わずに試合が打ち切られて終了する…

高校野球を観戦していると、点差がつきすぎて試合が途中で終わるコールドゲームというのを観たことがある方もいるのではないでしょうか。

今回はそんなコールドゲームについて、点差などの条件や、プロでの適用はあるのかということについて詳しく取り上げます!


(PR)気軽にスポーツ情報ツウ?!「スポジョバ」公式LINEはこちら!



コールドゲームになる点差や条件とは?高校野球以外にプロでもあるの?


そもそも高校野球で行われるコールドゲームとは?点差だけが条件じゃない!?


コールドゲームについて詳しく取り上げる前に、まずは「そもそもコールドゲームとはどんなものなのか」ということを確認していきましょう!

コールドゲームとは、自然災害や球場の諸事故でこれ以上の試合続行が難しい状況。あるいは規定によって定められた点差よりも広がって逆転することが著しく困難な場合に、試合が途中で打ち切られるというものです。

試合終了を宣言する権限は、審判にのみ与えられています。

ちなみにコールドゲームは「cold game」(凍結した試合)と勘違いしている人が多いですが、正確には「called game」。すなわち、審判に「宣言(=call)された試合」ということから、このような名前がつけられています。


高校野球でのコールドゲームとはどんな点差、条件で宣言されるの?


では、コールドゲームとはどのような条件で宣言されるものなのでしょうか。

条件は大きく2つです。

1つ目が、「ゲーム内で点差が開きすぎた場合」です。

以下が、高校野球で規定されている点差の条件になります!

・5回終了時点で10点差以上

・6回終了時点で10点差以上

・7回終了時点で7点差以上

・8回目終了時点で7点差以上

この高校野球のコールドゲームのルールは、各都道府県統一されたルールです。

ただし、甲子園での試合や、各都道府県大会での決勝戦の試合はコールドゲームの適用がないため、点差がどんなに開いていても試合は最後まで行われます。

甲子園での試合でコールドゲームがない理由としては、各都道府県大会を勝ち上がってきたチームであればたとえ点差が開いていても逆転できる可能性がある、という前提からこのようなルールが定められています。


2つ目の条件が、「雨天や大雪、雷など悪天候、設備の故障などにより試合続行が不可になった場合」です。

ただし、あくまで試合の7回までが終了しているというのが、この場合のコールドゲームの条件となります。


天候によるコールドゲームは、点差と違い明確な基準がない。そして、審判としても選手たちにできるだけ試合をやらせてあげたいという心理が働くため、なかなか宣言されることはありません。


7回までが終了していない状態で打ち切られた試合は「コールドゲーム」でなく、「ノーゲーム」となり、別日に試合が1からやり直される、あるいは中断したところから再開されます。


高校野球史上1番の点差!?点数差122点!


高校野球の試合であっても甲子園はコールドゲームが適用されないことにより過去には122点差という試合も記録されています。

1998年7月18日第80回全国高校野球選手権では東奥義塾高等学校が青森県立深浦高等学校に対して122−0で圧勝。

「試合放棄」をせず最後まで戦い抜いた青森県立深浦高等学校は讃えられ、小学校の道徳の授業の教材にも取り上げられました。


コールドゲームは高校野球以外にプロの試合でも宣言されるの?


では、コールドゲームはプロ野球の世界でも存在するのでしょうか?

高校野球とは違い、プロ野球の世界ではコールドゲームは認められていません

そのためプロ野球では、どんなに点差がついても試合が途中で打ち切られることはありません。

ただし、天候悪化や諸事情などによって試合続行が不可と判断された場合には、5回まで試合が成立していればその時点での点数で勝敗を決め、5回以前であればノーゲームとなります。

今回は高校野球で採用されているコールドゲームに関して詳しく取り上げました!

こちらの記事では日本プロ野球の連勝記録をもつチームに関して記載しています。

ぜひ合わせてお読みください!→日本プロ野球(NPB)最多連勝記録を持つ歴代TOP3チームを紹介!


スポーツ業界のピックアップ求人





スポーツ業界のピックアップ記事




▶▶スポーツ業界の求人一覧をみる

▶▶スポーツ業界の記事一覧をみる


最新の取材記事


スポジョバ公式ライン



(PR)スポーツ求人の掲載ならスポジョバ!期間無制限で掲載費無料!



「高校野球で適用されているコールドゲームとはどのようなルールなの?」

「コールドゲームになる点差や条件について詳しく知りたい!」

前回は野球のDH(指名打者)制に関して詳しく解説しました!【野球ルール解説】指名打者の略であるDH制度とはどんな意味?

9回まで試合を行わずに試合が打ち切られて終了する…

高校野球を観戦していると、点差がつきすぎて試合が途中で終わるコールドゲームというのを観たことがある方もいるのではないでしょうか。

今回はそんなコールドゲームについて、点差などの条件や、プロでの適用はあるのかということについて詳しく取り上げます!


(PR)気軽にスポーツ情報ツウ?!「スポジョバ」公式LINEはこちら!



コールドゲームになる点差や条件とは?高校野球以外にプロでもあるの?


そもそも高校野球で行われるコールドゲームとは?点差だけが条件じゃない!?


コールドゲームについて詳しく取り上げる前に、まずは「そもそもコールドゲームとはどんなものなのか」ということを確認していきましょう!

コールドゲームとは、自然災害や球場の諸事故でこれ以上の試合続行が難しい状況。あるいは規定によって定められた点差よりも広がって逆転することが著しく困難な場合に、試合が途中で打ち切られるというものです。

試合終了を宣言する権限は、審判にのみ与えられています。

ちなみにコールドゲームは「cold game」(凍結した試合)と勘違いしている人が多いですが、正確には「called game」。すなわち、審判に「宣言(=call)された試合」ということから、このような名前がつけられています。


高校野球でのコールドゲームとはどんな点差、条件で宣言されるの?


では、コールドゲームとはどのような条件で宣言されるものなのでしょうか。

条件は大きく2つです。

1つ目が、「ゲーム内で点差が開きすぎた場合」です。

以下が、高校野球で規定されている点差の条件になります!

・5回終了時点で10点差以上

・6回終了時点で10点差以上

・7回終了時点で7点差以上

・8回目終了時点で7点差以上

この高校野球のコールドゲームのルールは、各都道府県統一されたルールです。

ただし、甲子園での試合や、各都道府県大会での決勝戦の試合はコールドゲームの適用がないため、点差がどんなに開いていても試合は最後まで行われます。

甲子園での試合でコールドゲームがない理由としては、各都道府県大会を勝ち上がってきたチームであればたとえ点差が開いていても逆転できる可能性がある、という前提からこのようなルールが定められています。


2つ目の条件が、「雨天や大雪、雷など悪天候、設備の故障などにより試合続行が不可になった場合」です。

ただし、あくまで試合の7回までが終了しているというのが、この場合のコールドゲームの条件となります。


天候によるコールドゲームは、点差と違い明確な基準がない。そして、審判としても選手たちにできるだけ試合をやらせてあげたいという心理が働くため、なかなか宣言されることはありません。


7回までが終了していない状態で打ち切られた試合は「コールドゲーム」でなく、「ノーゲーム」となり、別日に試合が1からやり直される、あるいは中断したところから再開されます。


高校野球史上1番の点差!?点数差122点!


高校野球の試合であっても甲子園はコールドゲームが適用されないことにより過去には122点差という試合も記録されています。

1998年7月18日第80回全国高校野球選手権では東奥義塾高等学校が青森県立深浦高等学校に対して122−0で圧勝。

「試合放棄」をせず最後まで戦い抜いた青森県立深浦高等学校は讃えられ、小学校の道徳の授業の教材にも取り上げられました。


コールドゲームは高校野球以外にプロの試合でも宣言されるの?


では、コールドゲームはプロ野球の世界でも存在するのでしょうか?

高校野球とは違い、プロ野球の世界ではコールドゲームは認められていません

そのためプロ野球では、どんなに点差がついても試合が途中で打ち切られることはありません。

ただし、天候悪化や諸事情などによって試合続行が不可と判断された場合には、5回まで試合が成立していればその時点での点数で勝敗を決め、5回以前であればノーゲームとなります。

今回は高校野球で採用されているコールドゲームに関して詳しく取り上げました!

こちらの記事では日本プロ野球の連勝記録をもつチームに関して記載しています。

ぜひ合わせてお読みください!→日本プロ野球(NPB)最多連勝記録を持つ歴代TOP3チームを紹介!


スポーツ業界のピックアップ求人





スポーツ業界のピックアップ記事




▶▶スポーツ業界の求人一覧をみる

▶▶スポーツ業界の記事一覧をみる


最新の取材記事


スポジョバ公式ライン



(PR)スポーツ求人の掲載ならスポジョバ!期間無制限で掲載費無料!



友達追加するとあなたに合ったスポーツ業界情報をおしらせできます

友達追加する!

スポーツ業界の求⼈を探す


X
X
スポーツ業界の求⼈を探す

X

X

スポジョバについてもっと知る気軽にスポーツ業界の情報を知る

スポジョバ 公式SNS

フォローすればスポーツ業界の情報感度が上がる!