【野球】ウグイス嬢とは?名前の由来やバイトは募集している?

編集部 スポジョバ

【野球】ウグイス嬢とは?名前の由来やバイトは募集している?

編集部 スポジョバ


あなたの「声」で球場を盛り上げる!

皆さんは、野球の試合での場内アナウンスを聞いたことがありますか?

球場には、試合の進行をスムーズに行い、選手の活躍を「声」で支えている「ウグイス嬢」と呼ばれる人がいます。

「それは知っているよ!」と思ったそこのあなた!

では、なぜ「ウグイス嬢」と呼ばれているのかご存知ですか?

今回はウグイス嬢と呼ばれる理由や、仕事内容、ウグイス嬢になる方法について詳しく解説していきます!

スポーツ・野球好きのあなた!「好き」を仕事にしませんか?
→野球×仕事を見に行く

スポーツ×仕事を見に行く

(PR)気軽にスポーツ情報ツウ?!「スポジョバ」公式LINEはこちら!

そもそもウグイス嬢とは?

「ウグイス嬢」とは球場内で、アナウンスを担当する女性職員のことを言います。

ちなみに、野球だけでなく選挙カーでの演説や、格闘技のアナウンスをする女性もウグイス嬢と呼ばれているようです。

そして「ウグイス嬢」と呼ばれる理由は、1947年にさかのぼります。

当時、野球の試合でスポンサーの広告放送を行おうということでNHK職員の青木福子さんを採用しました。

採用の際に、男性よりもソフトな声を持っている女性の方が響きが良いのではないか、という事で女性が選ばれたのです。

はじめは、スポンサー広告収入を得るためのアナウンスでしたが、青木さんのアナウンスが評判を呼び、各球団からも注目されるようになったことで、現在の場内アナウンスが始まりました。

そして、マスコミが美しい声で仲間を呼び寄せるウグイスという鳥に由来して彼女たちを「ウグイス嬢」と名付けたのです。

ちなみに、ウグイス嬢は男性もなることができ、「スタジアムDJ」と呼ばれています。

ウグイス嬢の仕事内容は?

ウグイス嬢の仕事内容は、場内アナウンスをすることです。

具体的には、スターティングメンバー・選手交代・打席に入る選手の名前をコールするという、試合を円滑に進める役割を担っています。

球団ごとに方針は異なると思いますが、1軍の試合でアナウンスするために、研修期間や2・3軍の試合での経験を積んでから本格的にデビューすることが多いようです。

また、各球団ごとの伝統的なアナウンスの仕方を習得する必要もあります。

試合開始前には、メンバーの確認や開場時間のアナウンスをすることから始まり、球団によっては選手の打順や最後の点数を間違えないために、試合中はウグイス嬢がスコアをつけるためその準備も行います。

さらに、対戦相手の選手紹介や選手の成績や先発ピッチャーの今季の成績、達成間近な記録などを把握し、直ぐにアナウンスできるように準備しておかなければなりません。

そのため、担当する試合以外も欠かさずに最新情報をチェックする必要があるのです。

このような仕事をしている各球団のウグイス嬢たちは、定められた範囲の中で球団の特色や個性的なアナウンスで場内を盛り上げているのです。

一方、高校野球では定められているマニュアル原稿に沿ってアナウンスを行ないます。

具体的には選手名は名字に「君」をつけて呼び、同じチームに同姓の選手がいる場合は、フルネームでアナウンスをしたり、言葉のアクセントや試合前、試合中のバッターコールや選手交代など、シーンによって例文や台本が決められています。

【野球×仕事を見に行く】

プロスポーツチームで働くためには?気になる方はこちらをお読みください!


ウグイス嬢になるのは難しい!?

ここまで、ウグイス嬢について解説してきましたが、どうすればなることが出来るのでしょうか?

プロ野球の場合、球団職員と兼任してウグイス嬢を務めていることがほとんどです。

そのため、ウグイス嬢になるためには球団職員になることが必要です。

球団職員は球団の親会社の職員が行っているので、親会社に就職することが最もウグイス嬢になることができる近道だと言えます。

しかし、親会社の多くは大企業であるため就職することは簡単ではないのが現実です。

給料は球団や1軍、2軍の試合によって異なりますが、読売ジャイアンツは1軍の試合を1試合4万円、2軍の試合を1試合1万5千円で雇っています。

一方、高校野球でのウグイス嬢は、地方大会はマネージャーや放送部員が務めており、甲子園のウグイス嬢は、専属職員が複数います。

甲子園のウグイス嬢は、不定期募集であり、一般の求人掲載やバイト募集は基本的に行っていません。

そのため、甲子園の放送係に欠員が出た際に、職員と面談してウグイス嬢になるという方法が一般的です。

しかし、ウグイス嬢の定員は2~3名程度で欠員が出ること自体が少なく、現在のウグイス嬢たちは、球場での売店の売り子や広報係として働きながら欠員待ちをしていたそうです。

また、誰もがウグイス嬢になれるのではなく、ウグイス嬢のアナウンスに重要な滑舌や、発声の良さや野球のルールやスコアを付ける事の出来る能力が求められます。

ウグイス嬢になることは、プロ野球と高校野球のどちらにせよ狭き門であるという事が分かりますね。

いかがでしたか?

今回は野球のウグイス嬢について解説しました。

スポジョバでは野球×仕事を紹介しています!
あなたの経験や興味を活かせる仕事がきっと見つかるはず!
ぜひ、以下の求人情報をチェックしてみて下さい!
野球×仕事を見に行く

→スポーツ×仕事を見に行く

野球のピックアップ求人




野球のピックアップ記事




▶▶野球の記事一覧をみる

▶▶野球の求人をみる



最新の取材記事


スポジョバ公式ライン



(PR)スポーツ求人の掲載ならスポジョバ!期間無制限で掲載費無料!




あなたの「声」で球場を盛り上げる!

皆さんは、野球の試合での場内アナウンスを聞いたことがありますか?

球場には、試合の進行をスムーズに行い、選手の活躍を「声」で支えている「ウグイス嬢」と呼ばれる人がいます。

「それは知っているよ!」と思ったそこのあなた!

では、なぜ「ウグイス嬢」と呼ばれているのかご存知ですか?

今回はウグイス嬢と呼ばれる理由や、仕事内容、ウグイス嬢になる方法について詳しく解説していきます!

スポーツ・野球好きのあなた!「好き」を仕事にしませんか?
→野球×仕事を見に行く

スポーツ×仕事を見に行く

(PR)気軽にスポーツ情報ツウ?!「スポジョバ」公式LINEはこちら!

そもそもウグイス嬢とは?

「ウグイス嬢」とは球場内で、アナウンスを担当する女性職員のことを言います。

ちなみに、野球だけでなく選挙カーでの演説や、格闘技のアナウンスをする女性もウグイス嬢と呼ばれているようです。

そして「ウグイス嬢」と呼ばれる理由は、1947年にさかのぼります。

当時、野球の試合でスポンサーの広告放送を行おうということでNHK職員の青木福子さんを採用しました。

採用の際に、男性よりもソフトな声を持っている女性の方が響きが良いのではないか、という事で女性が選ばれたのです。

はじめは、スポンサー広告収入を得るためのアナウンスでしたが、青木さんのアナウンスが評判を呼び、各球団からも注目されるようになったことで、現在の場内アナウンスが始まりました。

そして、マスコミが美しい声で仲間を呼び寄せるウグイスという鳥に由来して彼女たちを「ウグイス嬢」と名付けたのです。

ちなみに、ウグイス嬢は男性もなることができ、「スタジアムDJ」と呼ばれています。

ウグイス嬢の仕事内容は?

ウグイス嬢の仕事内容は、場内アナウンスをすることです。

具体的には、スターティングメンバー・選手交代・打席に入る選手の名前をコールするという、試合を円滑に進める役割を担っています。

球団ごとに方針は異なると思いますが、1軍の試合でアナウンスするために、研修期間や2・3軍の試合での経験を積んでから本格的にデビューすることが多いようです。

また、各球団ごとの伝統的なアナウンスの仕方を習得する必要もあります。

試合開始前には、メンバーの確認や開場時間のアナウンスをすることから始まり、球団によっては選手の打順や最後の点数を間違えないために、試合中はウグイス嬢がスコアをつけるためその準備も行います。

さらに、対戦相手の選手紹介や選手の成績や先発ピッチャーの今季の成績、達成間近な記録などを把握し、直ぐにアナウンスできるように準備しておかなければなりません。

そのため、担当する試合以外も欠かさずに最新情報をチェックする必要があるのです。

このような仕事をしている各球団のウグイス嬢たちは、定められた範囲の中で球団の特色や個性的なアナウンスで場内を盛り上げているのです。

一方、高校野球では定められているマニュアル原稿に沿ってアナウンスを行ないます。

具体的には選手名は名字に「君」をつけて呼び、同じチームに同姓の選手がいる場合は、フルネームでアナウンスをしたり、言葉のアクセントや試合前、試合中のバッターコールや選手交代など、シーンによって例文や台本が決められています。

【野球×仕事を見に行く】

プロスポーツチームで働くためには?気になる方はこちらをお読みください!


ウグイス嬢になるのは難しい!?

ここまで、ウグイス嬢について解説してきましたが、どうすればなることが出来るのでしょうか?

プロ野球の場合、球団職員と兼任してウグイス嬢を務めていることがほとんどです。

そのため、ウグイス嬢になるためには球団職員になることが必要です。

球団職員は球団の親会社の職員が行っているので、親会社に就職することが最もウグイス嬢になることができる近道だと言えます。

しかし、親会社の多くは大企業であるため就職することは簡単ではないのが現実です。

給料は球団や1軍、2軍の試合によって異なりますが、読売ジャイアンツは1軍の試合を1試合4万円、2軍の試合を1試合1万5千円で雇っています。

一方、高校野球でのウグイス嬢は、地方大会はマネージャーや放送部員が務めており、甲子園のウグイス嬢は、専属職員が複数います。

甲子園のウグイス嬢は、不定期募集であり、一般の求人掲載やバイト募集は基本的に行っていません。

そのため、甲子園の放送係に欠員が出た際に、職員と面談してウグイス嬢になるという方法が一般的です。

しかし、ウグイス嬢の定員は2~3名程度で欠員が出ること自体が少なく、現在のウグイス嬢たちは、球場での売店の売り子や広報係として働きながら欠員待ちをしていたそうです。

また、誰もがウグイス嬢になれるのではなく、ウグイス嬢のアナウンスに重要な滑舌や、発声の良さや野球のルールやスコアを付ける事の出来る能力が求められます。

ウグイス嬢になることは、プロ野球と高校野球のどちらにせよ狭き門であるという事が分かりますね。

いかがでしたか?

今回は野球のウグイス嬢について解説しました。

スポジョバでは野球×仕事を紹介しています!
あなたの経験や興味を活かせる仕事がきっと見つかるはず!
ぜひ、以下の求人情報をチェックしてみて下さい!
野球×仕事を見に行く

→スポーツ×仕事を見に行く

野球のピックアップ求人




野球のピックアップ記事




▶▶野球の記事一覧をみる

▶▶野球の求人をみる



最新の取材記事


スポジョバ公式ライン



(PR)スポーツ求人の掲載ならスポジョバ!期間無制限で掲載費無料!



友達追加するとあなたに合ったスポーツ業界情報をおしらせできます

友達追加する!

スポーツ業界の求⼈を探す


X
X
スポーツ業界の求⼈を探す

X

X

スポジョバについてもっと知る気軽にスポーツ業界の情報を知る

スポジョバ 公式SNS

フォローすればスポーツ業界の情報感度が上がる!