きっかけはSNS。初めての転職で出会えた「仕事ってこんなに楽しいんだ」の気持ち。~スポジョバ採用ファイル#7~

フジクラゴルフクラブ 時田 祐太朗/名和 瑞穂

きっかけはSNS。初めての転職で出会えた「仕事ってこんなに楽しいんだ」の気持ち。~スポジョバ採用ファイル#7~

フジクラゴルフクラブ 時田 祐太朗/名和 瑞穂

「いつかは好きを仕事にしてみたい!でも現在の職場に大きな不満があるわけでもない。きっと今は、そのタイミングじゃないのかも…」

転職に興味はあるけれど、一歩が踏み出せない。あなたの周りにそんな方はいませんか?もしかして、それはあなた自身だったりしませんか?

今回お届けするのは、スポジョバ経由で「フジクラゴルフクラブ相談室」に転職した時田祐太朗さん、名和瑞穂さん、お2人の対談です。いつかは大好きなゴルフ業界で働きたい…それぞれそんな思いを抱えながら、以前の会社で勤続年数を重ねていたそう。そんなお2人が大きな一歩を踏み出すきっかけは一体なんだったのでしょうか?そして今、キラキラとした笑顔で働くお2人の姿に、インタビューをした私まで胸いっぱいになりました。

『好きを仕事に』を叶えたお2人の姿は、数ヶ月後のあなたの姿かもしれません。

(取材:構成=スポジョバ編集部 荻野仁美)

(PR)気軽にスポーツ情報ツウ?!「スポジョバ」公式LINEはこちら!


勤続年数12年。初めての転職に踏み切れたワケ

ーーお2人は全く違う業界から、それぞれ転職してきたと伺いました。前職は何をされていたんですか?

時田:僕は大学卒業後からインフラ系の会社で営業をやっていました。働きながら人生一度きりだし、とことん熱中出来る事をいつかは仕事にしたいとずっと考えてました。でもなかなかタイミングもなくて…。上司にも恵まれていたし、今、思えばそこに甘えてしまっていたのかな。なかなか行動にはうつせないまま6年間、勤務していました。

名和:私は調剤薬局で事務員をしていました。12年働いていたので転職したいなと思うタイミングは何度もありましたよ。でも好きを仕事にするといい部分と悪い部分があって、好きじゃなくなる事もあるってよく言うじゃないですか。それもあってずっと思い切れなかったんです。

ーー時田さんは新卒から前の職場にずっと勤めていて、今回が初めての転職。名和さんも以前の会社では非常に長く勤められていたんですよね?一歩を踏み出すのは、かなり勇気がいったと思うのですが…

名和:もともと前の仕事も最初は楽しかったんですよ。でも突き詰めていくうちに、なんでこの仕事やっているんだっけって、遣り甲斐がわからなくなっていったんです。だったら本当に好きなことを仕事にしてみたら、違うんじゃないかなって。更にそんな時、コロナが流行って、未来はどうなるかわからないって痛感して…思い切って転職に踏み切りました!

時田:僕は前職で6年目になった時に、支店長付きというポジションに就いて結構、決定権が自分にある立場になって。そうすると1人になる時間が増えて、かなり自分の人生を考えるようになりました。そうなった時に今の仕事よりも、より熱量をぶつけられる仕事に就きたいと考えるようになったんです。

ーーお2人とも前職に大きな不満があったわけではなくて、もっと情熱を注げられるものをと考えたわけで、とても前向きな転職ですね!時田さんは具体的に転職のきっかけになった出来事はあるんですか?

時田:実は親しい友人がガンになったんです。今は治療して完治しているんですが、その時のショックがやはり大きくて…。身近な存在がそんな大病を経験して、人生って何が起こるか本当にわからない。ひょっとしたら自分の身に起こることかもしれない。そう思った時に、一度きりの人生、好きなことに挑戦しようと転職を決意しました。

ーーそうだったのですね…。ご友人は完治されて何よりです。ご友人の存在が、後悔のない選択へと時田さんを導いたのですね。





絶対にゴルフの仕事がいい。そんな思いを叶えてくれた入り口は意外にも・・・

ーーそんな思いからそれぞれ転職活動を開始されたわけですが、転職の軸としていたのは、なんでしたか?

名和:それはもちろんゴルフに関わる仕事という所ですね!社会人になってからゴルフを始めたんですが、すぐにハマって週5でレッスン、月1ラウンド、更には競技会に出るまでになりまして。とにかく楽しくて仕方なくて、ゴルフのために仕事しているって感じでしたから(笑)転職するならゴルフに関わる仕事、それ以外では転職する意味がないって思ってました。

時田:僕も同じです!25歳くらいの時に友人に誘われて打ちっぱなしに行ったのがきっかけでそこからゴルフにどっぷり(笑)週に4回くらいは練習通ってたかな~、ほぼ部活ですよね(笑)転職する時は、好きな事に関わりながらスキルを身に着けたいって思っていたので、ゴルフ業界でそういった仕事を探していました!

ーーゴルフ愛が溢れてますね!そんなお2人はフジクラの求人はどうやって見つけましたか?

名和:インスタです!

時田:あ、僕も一緒です!

ーーなんと…!お2人とも、きっかけはSNSだったんですね!

名和:タイムライン上に【ゴルフを仕事にする】っていうのが表示されてパっと目に入ってきて…

時田:そうそう!一応見るか!と思って開いたら、一番上にフジクラの求人が出てきて。フジクラって世界でもNo.1のシェア率を誇るシャフトメーカーだったので、こんな所で未経験で働けるの?!ってびっくりしました。ゴルフ業界で生きてきた人だけがいける会社だと思っていたので…一応、受けてみようかなって。

名和:私もダメ元でしたね。ゴルフは大好きだけど、フィッティングやクラブクラフトの知識があるわけではないし…。でも未経験って書いてあるし、受けてみないとわからない!やりたい気持ちだけはある!!っていう感じで、そのまま応募ボタンを押しました!

ーーすごい!行動力の速さ!ちなみにお2人は、他にどこか受けたりしたんですか?

時田名和:いえ、どこも受けてないです(笑)

ーーえ、すごく運命的な出会いですね!!

名和:本当に!転職するならゴルフ関係がいいなと思っていたけれど、なかなかしっくりくるものに出会えなくて…。でも、フジクラの求人に出会った時に、あ、これだなとピンときました!

ーー晴れてフジクラへの転職が決まったその後なんですが、前職の方とか周りの反応はいかがでしたか?

時田:ずっと転職について話してた同僚は、「好きな事やるんだからそっちの方がいいと思うよ」って言ってくれました。他はまぁなんか言う方もいましたけど…自分の人生ですからね。納得のいく選択をしました。

名和:私の場合は、会社の人も私がゴルフやっているの知っていたので「12年いたからさみしいけど…大好きなゴルフに関われるなんてすごくいい機会じゃないですか!」って。背中を押してくれましたね。





お給料を頂いて、好きなゴルフを学べる。「仕事ってこんなに楽しいの?!」

ーー実際にお2人は今、どんな仕事をしているんですか?募集職種はフィッター、ゴルフクラブのフィッティングをする人でしたよね?

名和:私は時田さんより1ヶ月遅く入っているのでまだ研修中という感じですね。先輩方の補助をしながら、やれる範囲のクラブの加工をしたり、フィッティングしている先輩の後ろについて勉強させてもらっています。

時田:先に入った僕は、それプラス、今月から実際にお客様についてフィッティングもやらせて頂いています!うちは、そもそもどんなシャフトが自分にあっているかわからないって方が来店されるので、まずはヒアリングでお悩みなどのお話を伺って、持ってきてもらったシャフトで実際に打ってもらって、その両方を加味して、合うと思ったシャフトをご提案させて頂くって感じですね。

ーー実際にフィッターとして歩み始めているんでね!でもお話聞くと、かなり専門的な知識が必要そう…。未経験からのスタートですが、今いかがですか?

時田:ただただ「楽しい」の一言です!おっしゃる通り、僕よりもゴルフ歴長いお客様もいらっしゃるので、そこは追いつけるように猛勉強中です!でも皆さんゴルフ好きなので、お話もどんどん掘り下げられるし、好きな事だから学ぶ事が本当に楽しいんですよね!あとフィッティングで、僕が提案した事にお客様が納得されて「今日とてもいい時間だったよ。ありがとう、また来るね。」って言って頂けると、ものすごく嬉しい!!

ーーおぉ!それってフジクラにというより、時田さんにまたお願いしにくるってイメージの言葉ですよね?それは嬉しいですね!名和さんはいかがですか?

名和:私も今、毎日、本当に幸せです!毎朝、目覚まし時計がなる前に目覚めるんですよ、仕事が楽しみすぎて(笑)ずっとゴルフやってきて、ある程度ゴルフについて知っているつもりだったんですが、フジクラで働くようになって、まだまだ知らなかった事がこんなにあったんだ!って。毎日、好きなものに囲まれながら、新しい知識に出会えて…仕事ってこんなに楽しいんだって、転職して初めて知りました!

時田:そうそう!毎日、発見だらけです!お給料頂いて、好きなゴルフのフィッティングや加工の技術、ノウハウを勉強できるのは、とても恵まれているなと思います。僕もウキウキしながら職場にきていますね(笑)

ーーお2人を見ていると、好きな事だからこそ、夢中になって頑張れるというのを実感します!ちょっとここで敢えていじわるな質問なんですが、転職してイメージと違ったな~っていう部分はありますか?例えば、待遇面とか…

時田:転職前は、好きを仕事にするならお給料面はある程度、目をつぶらなきゃいけないといった話をよく聞いていたので、それなりに覚悟をしたうえで転職活動しましたが、そこまで大きく変わったわけではないし、なにより毎日の充実感、これは何にも代え難いなと思っています!もし転職してなかったら、もやもや考えながら仕事して休み前にゴルフ行って…っていうライフスタイル続けていたんだろうなぁ。そこから一歩、踏み出せたのは大きいなって思います。

名和:私は、前職よりもお給料もいいですし、待遇面も大満足です!

ーーあとスポーツ転職あるあるで、好きなスポーツを仕事にしたら自分がそのスポーツをやる時間をとれなくなっちゃうっていう傾向があると思うんですが、そのあたりはどうですか?

名和:ゴルフに行く回数も減ってないですね~。と言いますか練習含めてクラブ握っている時間は、逆に前より長くなっていると思います(笑)

時田:そうそう!職場で営業終了後に練習できるんですよ!毎日、名和さんと一緒に終電ギリギリまで練習しています(笑)うまい先輩方が多いので、教えてもらったりしながら。そこも含めて環境として最高です!





ゴルフ業界でも貴重な存在に!思い描く未来は、無限の可能性。

ーー今、好きを仕事にできて嬉しい!という感情をお2人からひしひしと感じるのですが、今後の目標はどんな事を考えていますか?

名和:私はまだ出来ることが少ないので、まずは早く一人前になって私にフィッテングして欲しい、クラブ組んでほしいってお客様を持てるようになりたいです。

時田:僕も同じですね。フジクラの先輩方ってお客様のリピート率がすごいんですよ!なので僕も、お客様から信頼されて「また時田さんにお願いするね」っていうリピートを頂けるようになりたいですね。更にその先の目標としては、ゴルフ業界って意外とフィッティングとクラフトの技術、その両方を兼ね備えた人って多くないんですよ。希少性が高いんです。なので、フジクラっていうネームバリューのある元でスキルと経験を積んでいってステップアップしていきたいです!

ーー社内に留まらず、業界内でも名を知られるような存在になるかもしれないってことですよね?それはすごい!楽しみです!!名和さんはさらに先の目標は考えてますか?

名和:私は、ゆくゆくはレッスンプロの資格とりたいなと思っています。今、このフジクラゴルフクラブ相談室ではツアープロがプロフィッティングしているんですが、同じように私がレッスンプロとしてフィッティング兼レッスンとかやれたらいいなって。

時田:かっこいい!!最強ですよね!レッスン出来て、フィッティングできて、クラブも組めちゃう…そんな人、なかなか他にいないですから!

ーーそうなったら名和さんが草分け的存在になるってことですよね?めちゃめちゃカッコイイです!!そういった新たな試みを後押ししてくれる社風みたいなのもあるんですか?

名和:そうですね!私がレッスンプロの資格をとりたいって話した時に、この近くに同じグループのフジゴルフセンターがあるんですけど、今後そちらでレッスンの機会を作ることも出来るだろうって言って頂きました。ここでフィッティングやクラフトやりつつ、ゴルフセンターで出張レッスン&フィッティングとか!ゆくゆくはやっていきたいです!

ーーそれはゴルフ関連事業を幅広くされているフジクラさんの強みですね~!転職されて夢がどんどん広がっていくお2人を見ていたら、私まで幸せな気持ちになってきました!今日はありがとうございました!!






【PROFILE】

時田 祐太朗(ときた・ゆうたろう)

千葉県市原市出身。大学卒業後、インフラ系の企業に入社。2020年3月~アールアンドアールフジクラに転職。ゴルフのベストスコアは83。今のゴルフの目標はスコアを縮めて競技会に出場すること。更に「自分のゴルフ仲間を全員フィッティングしたい!いつもスイング見ているから合うシャフトはそれぞれもうわかっているんです。来年には全員フジクラのユーザーにする!」と意気込む。

名和 瑞穂(なわ・みずほ)

千葉県袖ヶ浦市出身。大学卒業後から調剤薬局で勤務。2020年4月~アールアンドアールフジクラに転職。関東ミッドアマ、クラブ対抗戦などにも出場する競技選手でもある。ベストスコアはレディースティーで72、レギュラーティーで73。ゴルフの目標は「無謀かもしれないけど関東ミッドアマ決勝で勝って、全日本ミッドアマに出場したい!」


ゴルフのピックアップ求人






ゴルフのピックアップ記事




▶▶ゴルフの求人一覧をみる

▶▶ゴルフの記事一覧をみる



最新の取材記事


スポジョバ公式ライン



(PR)スポーツ求人の掲載ならスポジョバ!期間無制限で掲載費無料!



「いつかは好きを仕事にしてみたい!でも現在の職場に大きな不満があるわけでもない。きっと今は、そのタイミングじゃないのかも…」

転職に興味はあるけれど、一歩が踏み出せない。あなたの周りにそんな方はいませんか?もしかして、それはあなた自身だったりしませんか?

今回お届けするのは、スポジョバ経由で「フジクラゴルフクラブ相談室」に転職した時田祐太朗さん、名和瑞穂さん、お2人の対談です。いつかは大好きなゴルフ業界で働きたい…それぞれそんな思いを抱えながら、以前の会社で勤続年数を重ねていたそう。そんなお2人が大きな一歩を踏み出すきっかけは一体なんだったのでしょうか?そして今、キラキラとした笑顔で働くお2人の姿に、インタビューをした私まで胸いっぱいになりました。

『好きを仕事に』を叶えたお2人の姿は、数ヶ月後のあなたの姿かもしれません。

(取材:構成=スポジョバ編集部 荻野仁美)

(PR)気軽にスポーツ情報ツウ?!「スポジョバ」公式LINEはこちら!


勤続年数12年。初めての転職に踏み切れたワケ

ーーお2人は全く違う業界から、それぞれ転職してきたと伺いました。前職は何をされていたんですか?

時田:僕は大学卒業後からインフラ系の会社で営業をやっていました。働きながら人生一度きりだし、とことん熱中出来る事をいつかは仕事にしたいとずっと考えてました。でもなかなかタイミングもなくて…。上司にも恵まれていたし、今、思えばそこに甘えてしまっていたのかな。なかなか行動にはうつせないまま6年間、勤務していました。

名和:私は調剤薬局で事務員をしていました。12年働いていたので転職したいなと思うタイミングは何度もありましたよ。でも好きを仕事にするといい部分と悪い部分があって、好きじゃなくなる事もあるってよく言うじゃないですか。それもあってずっと思い切れなかったんです。

ーー時田さんは新卒から前の職場にずっと勤めていて、今回が初めての転職。名和さんも以前の会社では非常に長く勤められていたんですよね?一歩を踏み出すのは、かなり勇気がいったと思うのですが…

名和:もともと前の仕事も最初は楽しかったんですよ。でも突き詰めていくうちに、なんでこの仕事やっているんだっけって、遣り甲斐がわからなくなっていったんです。だったら本当に好きなことを仕事にしてみたら、違うんじゃないかなって。更にそんな時、コロナが流行って、未来はどうなるかわからないって痛感して…思い切って転職に踏み切りました!

時田:僕は前職で6年目になった時に、支店長付きというポジションに就いて結構、決定権が自分にある立場になって。そうすると1人になる時間が増えて、かなり自分の人生を考えるようになりました。そうなった時に今の仕事よりも、より熱量をぶつけられる仕事に就きたいと考えるようになったんです。

ーーお2人とも前職に大きな不満があったわけではなくて、もっと情熱を注げられるものをと考えたわけで、とても前向きな転職ですね!時田さんは具体的に転職のきっかけになった出来事はあるんですか?

時田:実は親しい友人がガンになったんです。今は治療して完治しているんですが、その時のショックがやはり大きくて…。身近な存在がそんな大病を経験して、人生って何が起こるか本当にわからない。ひょっとしたら自分の身に起こることかもしれない。そう思った時に、一度きりの人生、好きなことに挑戦しようと転職を決意しました。

ーーそうだったのですね…。ご友人は完治されて何よりです。ご友人の存在が、後悔のない選択へと時田さんを導いたのですね。





絶対にゴルフの仕事がいい。そんな思いを叶えてくれた入り口は意外にも・・・

ーーそんな思いからそれぞれ転職活動を開始されたわけですが、転職の軸としていたのは、なんでしたか?

名和:それはもちろんゴルフに関わる仕事という所ですね!社会人になってからゴルフを始めたんですが、すぐにハマって週5でレッスン、月1ラウンド、更には競技会に出るまでになりまして。とにかく楽しくて仕方なくて、ゴルフのために仕事しているって感じでしたから(笑)転職するならゴルフに関わる仕事、それ以外では転職する意味がないって思ってました。

時田:僕も同じです!25歳くらいの時に友人に誘われて打ちっぱなしに行ったのがきっかけでそこからゴルフにどっぷり(笑)週に4回くらいは練習通ってたかな~、ほぼ部活ですよね(笑)転職する時は、好きな事に関わりながらスキルを身に着けたいって思っていたので、ゴルフ業界でそういった仕事を探していました!

ーーゴルフ愛が溢れてますね!そんなお2人はフジクラの求人はどうやって見つけましたか?

名和:インスタです!

時田:あ、僕も一緒です!

ーーなんと…!お2人とも、きっかけはSNSだったんですね!

名和:タイムライン上に【ゴルフを仕事にする】っていうのが表示されてパっと目に入ってきて…

時田:そうそう!一応見るか!と思って開いたら、一番上にフジクラの求人が出てきて。フジクラって世界でもNo.1のシェア率を誇るシャフトメーカーだったので、こんな所で未経験で働けるの?!ってびっくりしました。ゴルフ業界で生きてきた人だけがいける会社だと思っていたので…一応、受けてみようかなって。

名和:私もダメ元でしたね。ゴルフは大好きだけど、フィッティングやクラブクラフトの知識があるわけではないし…。でも未経験って書いてあるし、受けてみないとわからない!やりたい気持ちだけはある!!っていう感じで、そのまま応募ボタンを押しました!

ーーすごい!行動力の速さ!ちなみにお2人は、他にどこか受けたりしたんですか?

時田名和:いえ、どこも受けてないです(笑)

ーーえ、すごく運命的な出会いですね!!

名和:本当に!転職するならゴルフ関係がいいなと思っていたけれど、なかなかしっくりくるものに出会えなくて…。でも、フジクラの求人に出会った時に、あ、これだなとピンときました!

ーー晴れてフジクラへの転職が決まったその後なんですが、前職の方とか周りの反応はいかがでしたか?

時田:ずっと転職について話してた同僚は、「好きな事やるんだからそっちの方がいいと思うよ」って言ってくれました。他はまぁなんか言う方もいましたけど…自分の人生ですからね。納得のいく選択をしました。

名和:私の場合は、会社の人も私がゴルフやっているの知っていたので「12年いたからさみしいけど…大好きなゴルフに関われるなんてすごくいい機会じゃないですか!」って。背中を押してくれましたね。





お給料を頂いて、好きなゴルフを学べる。「仕事ってこんなに楽しいの?!」

ーー実際にお2人は今、どんな仕事をしているんですか?募集職種はフィッター、ゴルフクラブのフィッティングをする人でしたよね?

名和:私は時田さんより1ヶ月遅く入っているのでまだ研修中という感じですね。先輩方の補助をしながら、やれる範囲のクラブの加工をしたり、フィッティングしている先輩の後ろについて勉強させてもらっています。

時田:先に入った僕は、それプラス、今月から実際にお客様についてフィッティングもやらせて頂いています!うちは、そもそもどんなシャフトが自分にあっているかわからないって方が来店されるので、まずはヒアリングでお悩みなどのお話を伺って、持ってきてもらったシャフトで実際に打ってもらって、その両方を加味して、合うと思ったシャフトをご提案させて頂くって感じですね。

ーー実際にフィッターとして歩み始めているんでね!でもお話聞くと、かなり専門的な知識が必要そう…。未経験からのスタートですが、今いかがですか?

時田:ただただ「楽しい」の一言です!おっしゃる通り、僕よりもゴルフ歴長いお客様もいらっしゃるので、そこは追いつけるように猛勉強中です!でも皆さんゴルフ好きなので、お話もどんどん掘り下げられるし、好きな事だから学ぶ事が本当に楽しいんですよね!あとフィッティングで、僕が提案した事にお客様が納得されて「今日とてもいい時間だったよ。ありがとう、また来るね。」って言って頂けると、ものすごく嬉しい!!

ーーおぉ!それってフジクラにというより、時田さんにまたお願いしにくるってイメージの言葉ですよね?それは嬉しいですね!名和さんはいかがですか?

名和:私も今、毎日、本当に幸せです!毎朝、目覚まし時計がなる前に目覚めるんですよ、仕事が楽しみすぎて(笑)ずっとゴルフやってきて、ある程度ゴルフについて知っているつもりだったんですが、フジクラで働くようになって、まだまだ知らなかった事がこんなにあったんだ!って。毎日、好きなものに囲まれながら、新しい知識に出会えて…仕事ってこんなに楽しいんだって、転職して初めて知りました!

時田:そうそう!毎日、発見だらけです!お給料頂いて、好きなゴルフのフィッティングや加工の技術、ノウハウを勉強できるのは、とても恵まれているなと思います。僕もウキウキしながら職場にきていますね(笑)

ーーお2人を見ていると、好きな事だからこそ、夢中になって頑張れるというのを実感します!ちょっとここで敢えていじわるな質問なんですが、転職してイメージと違ったな~っていう部分はありますか?例えば、待遇面とか…

時田:転職前は、好きを仕事にするならお給料面はある程度、目をつぶらなきゃいけないといった話をよく聞いていたので、それなりに覚悟をしたうえで転職活動しましたが、そこまで大きく変わったわけではないし、なにより毎日の充実感、これは何にも代え難いなと思っています!もし転職してなかったら、もやもや考えながら仕事して休み前にゴルフ行って…っていうライフスタイル続けていたんだろうなぁ。そこから一歩、踏み出せたのは大きいなって思います。

名和:私は、前職よりもお給料もいいですし、待遇面も大満足です!

ーーあとスポーツ転職あるあるで、好きなスポーツを仕事にしたら自分がそのスポーツをやる時間をとれなくなっちゃうっていう傾向があると思うんですが、そのあたりはどうですか?

名和:ゴルフに行く回数も減ってないですね~。と言いますか練習含めてクラブ握っている時間は、逆に前より長くなっていると思います(笑)

時田:そうそう!職場で営業終了後に練習できるんですよ!毎日、名和さんと一緒に終電ギリギリまで練習しています(笑)うまい先輩方が多いので、教えてもらったりしながら。そこも含めて環境として最高です!





ゴルフ業界でも貴重な存在に!思い描く未来は、無限の可能性。

ーー今、好きを仕事にできて嬉しい!という感情をお2人からひしひしと感じるのですが、今後の目標はどんな事を考えていますか?

名和:私はまだ出来ることが少ないので、まずは早く一人前になって私にフィッテングして欲しい、クラブ組んでほしいってお客様を持てるようになりたいです。

時田:僕も同じですね。フジクラの先輩方ってお客様のリピート率がすごいんですよ!なので僕も、お客様から信頼されて「また時田さんにお願いするね」っていうリピートを頂けるようになりたいですね。更にその先の目標としては、ゴルフ業界って意外とフィッティングとクラフトの技術、その両方を兼ね備えた人って多くないんですよ。希少性が高いんです。なので、フジクラっていうネームバリューのある元でスキルと経験を積んでいってステップアップしていきたいです!

ーー社内に留まらず、業界内でも名を知られるような存在になるかもしれないってことですよね?それはすごい!楽しみです!!名和さんはさらに先の目標は考えてますか?

名和:私は、ゆくゆくはレッスンプロの資格とりたいなと思っています。今、このフジクラゴルフクラブ相談室ではツアープロがプロフィッティングしているんですが、同じように私がレッスンプロとしてフィッティング兼レッスンとかやれたらいいなって。

時田:かっこいい!!最強ですよね!レッスン出来て、フィッティングできて、クラブも組めちゃう…そんな人、なかなか他にいないですから!

ーーそうなったら名和さんが草分け的存在になるってことですよね?めちゃめちゃカッコイイです!!そういった新たな試みを後押ししてくれる社風みたいなのもあるんですか?

名和:そうですね!私がレッスンプロの資格をとりたいって話した時に、この近くに同じグループのフジゴルフセンターがあるんですけど、今後そちらでレッスンの機会を作ることも出来るだろうって言って頂きました。ここでフィッティングやクラフトやりつつ、ゴルフセンターで出張レッスン&フィッティングとか!ゆくゆくはやっていきたいです!

ーーそれはゴルフ関連事業を幅広くされているフジクラさんの強みですね~!転職されて夢がどんどん広がっていくお2人を見ていたら、私まで幸せな気持ちになってきました!今日はありがとうございました!!






【PROFILE】

時田 祐太朗(ときた・ゆうたろう)

千葉県市原市出身。大学卒業後、インフラ系の企業に入社。2020年3月~アールアンドアールフジクラに転職。ゴルフのベストスコアは83。今のゴルフの目標はスコアを縮めて競技会に出場すること。更に「自分のゴルフ仲間を全員フィッティングしたい!いつもスイング見ているから合うシャフトはそれぞれもうわかっているんです。来年には全員フジクラのユーザーにする!」と意気込む。

名和 瑞穂(なわ・みずほ)

千葉県袖ヶ浦市出身。大学卒業後から調剤薬局で勤務。2020年4月~アールアンドアールフジクラに転職。関東ミッドアマ、クラブ対抗戦などにも出場する競技選手でもある。ベストスコアはレディースティーで72、レギュラーティーで73。ゴルフの目標は「無謀かもしれないけど関東ミッドアマ決勝で勝って、全日本ミッドアマに出場したい!」


ゴルフのピックアップ求人






ゴルフのピックアップ記事




▶▶ゴルフの求人一覧をみる

▶▶ゴルフの記事一覧をみる



最新の取材記事


スポジョバ公式ライン



(PR)スポーツ求人の掲載ならスポジョバ!期間無制限で掲載費無料!



設立年月 1994年10月
代表者 渡邊貴史
従業員数 20名(2022年1月現在)
業務内容

フジクラシャフトのフィッティングおよび加工販売

友達追加するとあなたに合ったスポーツ業界情報をおしらせできます

友達追加する!

スポーツ業界の求⼈を探す


X
X
スポーツ業界の求⼈を探す

X

X

スポジョバについてもっと知る気軽にスポーツ業界の情報を知る

スポジョバ 公式SNS

フォローすればスポーツ業界の情報感度が上がる!