横浜エクセレンス物語 vol.1|リーグ3連覇の先に待ち受けたクラブ廃止の危機【連載】

横浜エクセレンス(B3リーグ) 代表取締役社長:向井 昇

横浜エクセレンス物語 vol.1|リーグ3連覇の先に待ち受けたクラブ廃止の危機【連載】

横浜エクセレンス(B3リーグ) 代表取締役社長:向井 昇

プロバスケ『B.LEAGUE』は今、まさに戦国時代。2026年に始まる新リーグでは、これまでのように[B2]→[B1] ないしは [B1]→[B2]といった昇降格がなくなり、NPBのようにトップチームだけで構成されることになる。まさに新B1参入に向けて、B1~B3までの各クラブが群雄割拠の時代を生き残るため、バスケットボールを通じた新たな価値創出のため歩みを続けている。

さて、あなたはB3リーグに所属する『横浜エクセレンス』というクラブをご存知だろうか。

2012年~2021年まで『東京エクセレンス』として、東京都板橋区をホームとして活動。2021年から神奈川県横浜市に移転し名称変更したことで『横浜エクセレンス』になったクラブだ。Bリーグ創設前のNBDLで3連覇を成し遂げた注目株が、Bリーグ開幕以降に歩んできたこれまでと、2026年の新B1参入に向けた採用計画について、今回は『横浜エクセレンス』の代表取締役・向井昇氏に話を伺った。スポジョバ初の連載企画として、8週にわたり掲載する。

競技に関係なく、プロチームが本拠地を移転したケースは非常に珍しいと言えるだろう。また、クラブ存続の危機にもあったにも関わらず、全てをクリアにできたクラブの歴史は涙無くして見られないだろう。そして何より、向井氏の想いを知り、同クラブに興味を持たない人はほぼいないだろう。これはきっと、あなたの未来にも繋がる物語だ。


(取材:構成=スポジョバ編集部 小林亘)


エクセレンスは、無くなるかもしれない。

__もともとは東京都板橋区の小豆沢体育館をホームアリーナとして活動されてきた”東京”エクセレンスさん。今年から横浜市に移転して”横浜”エクセレンスと名称変更されたと思います。まずは”東京”エクセレンス時代のお話から移転までの流れを伺えますか?





向井:まず、2012年にプロクラブ化して、仰る通り東京都板橋区をホームとして構えさせていただいて活動をしていました。最初3年間はBリーグ創設前の『NBL』の下部組織である『NBDL』っていうカテゴリに所属していまして。お陰様で3シーズン連続で優勝させていただいて。



__懐かしい。NBDL最後のシーズンは豊通(現・ファイティングイーグルス名古屋)との決勝でしたね。





向井:そうです。その後、2016年からいよいよBリーグが始まるに当たって、我々はB2で、引き続き板橋区を本拠地として構えさせていただいて、2016-17シーズンの活動をしていたんですが、リーグ創設と同時に”ライセンス制度”もできたんです。その要項の中にあったホームアリーナの入場席数3,000席以上という条件を、どうしても当時の本拠地・小豆沢体育館ではクリア出来なかったんです。

その話を聞きつけた当クラブの後援会の方々が「エクセレンスの試合はほぼ満員で地域に根差していて、板橋のスポーツ文化の発展に必要不可欠だから、何とかしてほしい」という署名活動をして下さいました。後押しいただいた結果、板橋区から「アリーナの新設もしくは小豆沢体育館の増改築を計画します」というお話をいただいたんです。その計画をリーグに申請して認められていたんですけれども、2016-17シーズンが開幕してすぐに「やっぱり、アリーナ新設・体育館の増改築という話を白紙撤回させてくれ」と自治体に言われまして。「……さて、どうしようか」と。そこから新しいホームアリーナ・ホームタウン探しが始まったんです。


__「それは残念……」では済まない話ですね……。





向井:東京都内に限らず、近隣の都道府県を調査して、色んな方々にお話を聞いていただきました。でも、なかなか見つけられなくて。それで、アリーナの要項を満たせないクラブということで、B2ライセンスの不交付と同時に、強制的に2017-18シーズンはB3に降格となってしまったんです。ある意味不名誉な経験をした、と言いますか。



__恐らくそういうケースって、プロリーグではあまりなかったと思うのですが、いかがでしょう?





向井:恐らく初のケースだったと思います。また、加えて当時Bリーグはすごく右肩上がりに急成長している業界で、その中でクラブの経営規模も、成長に伴ってどんどん大きくなっていかざるを得ない状況にあったんです。我々の前オーナーはIT関係の会社だったのですが、やはり1社で支えていくには非常に厳しいというくらい急成長をしていた業界でした。

ですから、我々としてはホームアリーナの確保経営体制をより強固にするための改革この2つを、同時進行でクリアしなければ『東京エクセレンス』は、無くなってしまうという状況になっていました。それが、2017年の夏のことでした。


>>>次回『わずか"1年"。クラブ廃止までのタイムリミット』につづく





NBDL3連覇した際の1枚(※クラブFaceookから引用)



横浜エクセレンスの求人はコチラ


第1位

第2位

第3位

第4位

第5位

設立年月 2016年07月
代表者 向井昇
従業員数
業務内容

バスケットボールクラブの運営
プロスポーツに関する興行の実施
スポーツ関連商品やグッズ、写真、映像、その他製品の企画・販売
スポーツ施設の管理運営
スポーツ選手のマネジメント
知的財産権の管理運営
広告代理店業
労働者派遣業
スポーツ教室・大会・勉強会・イベント等の開催
前各号に附帯又は関連する一切の事業

友達追加するとあなたに合ったスポーツ業界情報をおしらせできます

友達追加する!

スポーツ業界の求⼈を探す


スポーツ業界の求⼈を探す

スポジョバについてもっと知る気軽にスポーツ業界の情報を知る

スポジョバ 公式SNS

フォローすればスポーツ業界の情報感度が上がる!