【水泳求人】コーチになるには資格が必要?正社員とバイトもある?

編集部 スポジョバ

【水泳求人】コーチになるには資格が必要?正社員とバイトもある?

編集部 スポジョバ

「泳ぐのが得意で水泳のコーチを仕事にしたいと思っているけど必要な資格は何かあるの?」

「水泳コーチのお給料だったり、求人の探し方を知りたい!」


今では子供の習い事の定番にもなっている水泳。また、身体に負担をかけずに運動ができるということで高齢者の方々も水泳を楽しんでいます。

今日はそんな水泳を教える「コーチ」という職業に着目して、必要な資格や平均的な給料、求人の探し方を合わせて紹介していきます!

【水泳を仕事に!】→仕事を見にいく。

(PR)気軽にスポーツ情報ツウ?!「スポジョバ」公式LINEはこちら!


水泳コーチになるには資格が必要?給料や求人の探し方も合わせて紹介!

水泳コーチはどんな業務を行うの?働き方は?

水泳コーチとはそもそもどのような仕事を行うのでしょうか。

泳ぎ方を指導する。それはもちろんのことですが、それ以外にもスイミングスクールであったら子供たちに心構えや精神論的な指導を行うなど、先生としての役割も持ちます。

また、フィットネスクラブで指導をするコーチは体力の向上や太りにくい身体を作る指導をすることが目的なので、泳ぎ方を教えるといっても目的が変わってきます。

それだけでなく、デスクワークなどの事務作業、水泳施設の管理、時にはクラブの経営に関わったりなど業務は非常に多岐に渡ります。

水泳コーチの働き方は主に「スイミングスクールで正社員として働く」「フィットネスジムの正社員として働く」の2種類があります。

1つ目のスイミングスクールで働く場合は、会員の方々は「水泳」を習いに施設に訪れます。

全体的に年齢層が若く、本格的に水泳を習いたいというお客さんも訪れるため、技術的な指導がメインで教えることとなります。

それに対して2つ目のフィットネスジムで指導を行う場合は、会員の方々は運動不足の解消やダイエットなど様々な目的で施設に訪れるため、一人一人の目的に沿った指導が必要になります。

そのため水泳に関する指導だけでなく、総合的な運動に関して指導をする場合もあります。

「水泳」という競技を専門的に指導したいのか、総合的な運動でお客さんのサポートをしたいのか、それらによって就職先は変わってきます。


水泳コーチになるための必須の資格はない?給料はどのくらいなの?

水泳の指導に関しては競技に対する深い理解や、身体の使い方に関する高度な知識が求められます。

しかし、水泳コーチになるために取らなければいけない資格は実は存在しません。

したがって特定の資格を持っていないと水泳を指導してはいけないわけではありません。

それでも水泳教師資格などプロの水泳指導者のための資格は存在するため、キャリアアップ、そして仕事の幅を広げるためにも取得をおすすめします。

また、水泳コーチの給料は非常に開きが大きく月収16万〜30万あたりが多いとされます。

役職についているのか?誰に対して指導をしているのか?指導者としての経験はどれくらいなのか?などによって給料は変わっていきます。


水泳コーチの求人を探すならスポーツ業界特化の転職サイトがおすすめ!

今回は水泳コーチという職業に関して働き方や収入、必要な資格など詳しく取り上げました。

水泳コーチとして働きたい!

そんな時におすすめのがスポーツ業界に特化した転職サイトのご利用です。

スポーツ業界に特化した転職サイトでは水泳に関われる求人を数多く掲載しているので、それぞれの求人を比較検討することができます。

また、サイトによっては面接の調整や、履歴書の添削など転職活動をサポートしてくれるサービスを行っているところもあるので転職活動の助けになること間違いなしです。

こちらの記事ではおすすめスポーツ転職サイトをご紹介しているので、ぜひ複数登録して活用してみてください!

【スポーツ業界】転職するならここ!転職サイト・サービス4選!

【水泳好き必見!】→仕事を見にいく。

水泳・スイミング・マリンスポーツのピックアップ求人





ウォータースポーツのピックアップ記事




▶▶ウォータースポーツの求人一覧をみる

▶▶ウォータースポーツの記事一覧をみる



最新の取材記事


スポジョバ公式ライン



(PR)スポーツ求人の掲載ならスポジョバ!期間無制限で掲載費無料!



「泳ぐのが得意で水泳のコーチを仕事にしたいと思っているけど必要な資格は何かあるの?」

「水泳コーチのお給料だったり、求人の探し方を知りたい!」


今では子供の習い事の定番にもなっている水泳。また、身体に負担をかけずに運動ができるということで高齢者の方々も水泳を楽しんでいます。

今日はそんな水泳を教える「コーチ」という職業に着目して、必要な資格や平均的な給料、求人の探し方を合わせて紹介していきます!

【水泳を仕事に!】→仕事を見にいく。

(PR)気軽にスポーツ情報ツウ?!「スポジョバ」公式LINEはこちら!


水泳コーチになるには資格が必要?給料や求人の探し方も合わせて紹介!

水泳コーチはどんな業務を行うの?働き方は?

水泳コーチとはそもそもどのような仕事を行うのでしょうか。

泳ぎ方を指導する。それはもちろんのことですが、それ以外にもスイミングスクールであったら子供たちに心構えや精神論的な指導を行うなど、先生としての役割も持ちます。

また、フィットネスクラブで指導をするコーチは体力の向上や太りにくい身体を作る指導をすることが目的なので、泳ぎ方を教えるといっても目的が変わってきます。

それだけでなく、デスクワークなどの事務作業、水泳施設の管理、時にはクラブの経営に関わったりなど業務は非常に多岐に渡ります。

水泳コーチの働き方は主に「スイミングスクールで正社員として働く」「フィットネスジムの正社員として働く」の2種類があります。

1つ目のスイミングスクールで働く場合は、会員の方々は「水泳」を習いに施設に訪れます。

全体的に年齢層が若く、本格的に水泳を習いたいというお客さんも訪れるため、技術的な指導がメインで教えることとなります。

それに対して2つ目のフィットネスジムで指導を行う場合は、会員の方々は運動不足の解消やダイエットなど様々な目的で施設に訪れるため、一人一人の目的に沿った指導が必要になります。

そのため水泳に関する指導だけでなく、総合的な運動に関して指導をする場合もあります。

「水泳」という競技を専門的に指導したいのか、総合的な運動でお客さんのサポートをしたいのか、それらによって就職先は変わってきます。


水泳コーチになるための必須の資格はない?給料はどのくらいなの?

水泳の指導に関しては競技に対する深い理解や、身体の使い方に関する高度な知識が求められます。

しかし、水泳コーチになるために取らなければいけない資格は実は存在しません。

したがって特定の資格を持っていないと水泳を指導してはいけないわけではありません。

それでも水泳教師資格などプロの水泳指導者のための資格は存在するため、キャリアアップ、そして仕事の幅を広げるためにも取得をおすすめします。

また、水泳コーチの給料は非常に開きが大きく月収16万〜30万あたりが多いとされます。

役職についているのか?誰に対して指導をしているのか?指導者としての経験はどれくらいなのか?などによって給料は変わっていきます。


水泳コーチの求人を探すならスポーツ業界特化の転職サイトがおすすめ!

今回は水泳コーチという職業に関して働き方や収入、必要な資格など詳しく取り上げました。

水泳コーチとして働きたい!

そんな時におすすめのがスポーツ業界に特化した転職サイトのご利用です。

スポーツ業界に特化した転職サイトでは水泳に関われる求人を数多く掲載しているので、それぞれの求人を比較検討することができます。

また、サイトによっては面接の調整や、履歴書の添削など転職活動をサポートしてくれるサービスを行っているところもあるので転職活動の助けになること間違いなしです。

こちらの記事ではおすすめスポーツ転職サイトをご紹介しているので、ぜひ複数登録して活用してみてください!

【スポーツ業界】転職するならここ!転職サイト・サービス4選!

【水泳好き必見!】→仕事を見にいく。

水泳・スイミング・マリンスポーツのピックアップ求人





ウォータースポーツのピックアップ記事




▶▶ウォータースポーツの求人一覧をみる

▶▶ウォータースポーツの記事一覧をみる



最新の取材記事


スポジョバ公式ライン



(PR)スポーツ求人の掲載ならスポジョバ!期間無制限で掲載費無料!



友達追加するとあなたに合ったスポーツ業界情報をおしらせできます

友達追加する!

スポーツ業界の求⼈を探す


X
X
スポーツ業界の求⼈を探す

X

X

スポジョバについてもっと知る気軽にスポーツ業界の情報を知る

スポジョバ 公式SNS

フォローすればスポーツ業界の情報感度が上がる!