"良い物を知ってほしい"という気持ちだけ。初めての営業職で感じた、仕事の面白さと難しさ ~まきの成長日記:#1 ~

スポジョバ営業部 牧野堅哉

"良い物を知ってほしい"という気持ちだけ。初めての営業職で感じた、仕事の面白さと難しさ ~まきの成長日記:#1 ~

スポジョバ営業部 牧野堅哉

「スポジョバというサービスを、もっと多くの人に知ってほしい」「スポーツを頑張ってきた人が、また輝ける場所を提供したい」そんな想いから、スポジョバに転職して丸3ヶ月が経ちました。前職は法務部で仕事をしていた私ですから、初めての営業で戸惑うことも多ければ、まだまだだなぁと思うところも多いのです。

今回の『まきの成長日記』では、私事ですが3ヶ月を振り返って、改めてこの仕事の魅力や"スポジョバ"という媒体を客観視したときに感じる部分をお伝えできればと思います。私と同じように「今年から営業を始めた方」には共感いただけると嬉しいですし、ベテランの方、企業様が見たときは「応援したいな」と思っていただけたら、これ以上嬉しいことはありません。もしよろしければ、最後までお読みください。




「なんで上司にはできて、自分にはできないのか」


「営業として働くのは初めての経験です。最初の最初の話をすれば、"スポジョバ"というサイトそのものに魅力を強く感じて入社した私なので、サイトの魅力に関しては今もなお朝まで語れる自信があります。ただ一方で「スポジョバってこんなサービスなんです!とっても魅力があるし可能性があるんです!」という、私の想いを企業様にお伝えしても、同じように「良いサービスだね!」と言っていただけることは多くありませんでした。

また、当然電話も初めてのことで、トークスクリプトを見ながらお話することはできたのですが、いざ突っ込んだご相談をいただくと、何も話せなくなってしまう。客観的に見て”新人”ですので、最初からできはしないと思っていましたが、上司である伊藤さんから出てくる言葉は、ちょっと私が視点を変えさえすれば、きっと話せるようになるであろう内容がほとんどだったんです。「伊藤さんにできて、自分にできないのは自分の実力不足」そう感じていましたが、何をどうすればできるようになるのか。スポジョバのサービスをより魅力的に感じていただけるか。そのことばかりを考えて毎日を悶々と過ごしていました。

入社して1ヶ月くらいのタイミングで、編集部の小林さんと一緒に求人提案を行う機会がありました。商談が終わり、彼から言われた一言は衝撃でした。

「ちょっと牧野さんがしゃべりすぎに感じます。お客さんが本当は何に困っていたか、牧野さんはちゃんと理解できていますか?」

私は、型を気にしすぎてしまっていたのかもしれません。「Aと言えばBという答えが来る。じゃあCを返そう」そんな風に頭でっかちになりすぎていたのかもしれません。同時期に入っていた別部門の営業マンはすでに何十万も受注できているのに、私ができていない理由は、まさにこれだと確信しました。自分の確信が強すぎるが故に、お客様のお困りごとに気づくことができていなかったのです。営業という仕事は、数字を追いかける部分が大きいのですが、数字ではなくお客様との関わり方によって、信頼の積み重ねによって、数字も比例してくると感じることができたんです。そこからは少しでも「お話を聞こう」という風に変えていった結果、まだまだ先輩の小寺さんには敵いませんが、採用のお手伝いをさせていただく企業様も増えてきて、非常に嬉しい限りです。



仕事が増えなければ幸せだった前職。仕事が増えれば幸せな現在。

「前職は法務の仕事をしていましたので、簡単に言ってしまうと「案件や相談がない=平和」なことが多いため、仕事が増えれば増えるほど、心配や不安が募っていました。日々のルーチンワーク以外のことは、できるだけ起きない方がいい。そんな風に仕事をしていたんです。ただ、"守り"よりも"攻め"と言いますか。色んな人に様々な提案をできたほうが、きっと幸せなことは増えるんじゃないかなと当時から思っていました。

当然スポジョバはまだまだ立ち上がったばかりの求人サイトで、大手求人サイトさんに比べると影響度はまだまだではあります。客観的に見ても、やはり打てる広告の数もそうですし、毎週UPできる新着求人数もまさに桁違いです。その分、価格は非常に安価なので、企業様にとっては始めやすいとは思います。ただ、営業としては売り上げを積み上げていくのは非常に難しく、人材紹介プランでご契約いただけたとしても、売上が何月に立つかわからないために「自分はダメダメだ」「なんでもっと売れないんだろう」と悩んだことも正直あります。

ここも前職と違うポイントではあるのですが、当社はやはり体育会系出身者が非常に多く、社内のコミュニケーションも活発です。前職は法務と、いわゆるお堅い系の職種だったため、オフィスの会話は積極的ではありませんでした。でも今は積極的にお話する機会も増えましたし、提案内容のフィードバックもすぐいただけ、提案内容の事前相談でさえ乗っていただける。良いギャップを常日頃感じているからこそ、前職に比べて「積極的になったね」「もっと静かなタイプじゃなかった?」と友人から言われることが増えました。

気づかないうちに、自分もどんどん良い方向に変化できていると実感しています。これは確実に、悩み事をすぐに解決できる環境と、スピード感の違いが大きいからこそ。自分から提案して、喜んでいただけることの幸せ。地道にコツコツ売り上げを作っていくサポートを、周りの方がしてくださる。そして何より、消極的な自分が積極的になれたということ……。きっとこれからも、多くの悩みや壁にぶち当たると思います。石橋を叩いて渡れないタイプの私ではありますが、きっと営業として成果を出せるようになれば、自分はもっと大きく変われると信じています。スポーツ業界で輝きたい人のため、そして採用にお困りのスポーツ企業の方々のため。私、牧野ができることを、これからも全力でやっていければと思います。」



今回のコラムニスト:スポジョバ営業部 牧野堅哉

北海道札幌市出身。小学校から大学まで17年間野球一筋。メンバーにも恵まれて小中高と全国大会(甲子園含む)への出場経験がある。卒業後は「スポーツ企業に入りたいけど、それは中途で力をつけないと難しだろう」と新卒カードを上手く使って大手専門商社へ入社。そこで力をつけたものの、自分が将来やりたいことと、甘い蜜をたくさん吸った同社を辞められなくなる恐怖から、年収をガッツリ下げても良いと決め2021年10月にスポジョバへジョイン。ほぼ毎日通うほどサウナが好きなサウナ―。行くときは「絶対1人で、自分のペースで3時間は入らないと気が済まない」という。実はダイエットも兼ねてサウナに行っているそうだが、サウナ上がりのビールだけは辞められない。

野球のピックアップ求人




野球のピックアップ記事




▶▶野球の記事一覧をみる

▶▶野球の求人をみる



最新の取材記事


スポジョバ公式ライン



(PR)スポーツ求人の掲載ならスポジョバ!期間無制限で掲載費無料!



「スポジョバというサービスを、もっと多くの人に知ってほしい」「スポーツを頑張ってきた人が、また輝ける場所を提供したい」そんな想いから、スポジョバに転職して丸3ヶ月が経ちました。前職は法務部で仕事をしていた私ですから、初めての営業で戸惑うことも多ければ、まだまだだなぁと思うところも多いのです。

今回の『まきの成長日記』では、私事ですが3ヶ月を振り返って、改めてこの仕事の魅力や"スポジョバ"という媒体を客観視したときに感じる部分をお伝えできればと思います。私と同じように「今年から営業を始めた方」には共感いただけると嬉しいですし、ベテランの方、企業様が見たときは「応援したいな」と思っていただけたら、これ以上嬉しいことはありません。もしよろしければ、最後までお読みください。




「なんで上司にはできて、自分にはできないのか」


「営業として働くのは初めての経験です。最初の最初の話をすれば、"スポジョバ"というサイトそのものに魅力を強く感じて入社した私なので、サイトの魅力に関しては今もなお朝まで語れる自信があります。ただ一方で「スポジョバってこんなサービスなんです!とっても魅力があるし可能性があるんです!」という、私の想いを企業様にお伝えしても、同じように「良いサービスだね!」と言っていただけることは多くありませんでした。

また、当然電話も初めてのことで、トークスクリプトを見ながらお話することはできたのですが、いざ突っ込んだご相談をいただくと、何も話せなくなってしまう。客観的に見て”新人”ですので、最初からできはしないと思っていましたが、上司である伊藤さんから出てくる言葉は、ちょっと私が視点を変えさえすれば、きっと話せるようになるであろう内容がほとんどだったんです。「伊藤さんにできて、自分にできないのは自分の実力不足」そう感じていましたが、何をどうすればできるようになるのか。スポジョバのサービスをより魅力的に感じていただけるか。そのことばかりを考えて毎日を悶々と過ごしていました。

入社して1ヶ月くらいのタイミングで、編集部の小林さんと一緒に求人提案を行う機会がありました。商談が終わり、彼から言われた一言は衝撃でした。

「ちょっと牧野さんがしゃべりすぎに感じます。お客さんが本当は何に困っていたか、牧野さんはちゃんと理解できていますか?」

私は、型を気にしすぎてしまっていたのかもしれません。「Aと言えばBという答えが来る。じゃあCを返そう」そんな風に頭でっかちになりすぎていたのかもしれません。同時期に入っていた別部門の営業マンはすでに何十万も受注できているのに、私ができていない理由は、まさにこれだと確信しました。自分の確信が強すぎるが故に、お客様のお困りごとに気づくことができていなかったのです。営業という仕事は、数字を追いかける部分が大きいのですが、数字ではなくお客様との関わり方によって、信頼の積み重ねによって、数字も比例してくると感じることができたんです。そこからは少しでも「お話を聞こう」という風に変えていった結果、まだまだ先輩の小寺さんには敵いませんが、採用のお手伝いをさせていただく企業様も増えてきて、非常に嬉しい限りです。



仕事が増えなければ幸せだった前職。仕事が増えれば幸せな現在。

「前職は法務の仕事をしていましたので、簡単に言ってしまうと「案件や相談がない=平和」なことが多いため、仕事が増えれば増えるほど、心配や不安が募っていました。日々のルーチンワーク以外のことは、できるだけ起きない方がいい。そんな風に仕事をしていたんです。ただ、"守り"よりも"攻め"と言いますか。色んな人に様々な提案をできたほうが、きっと幸せなことは増えるんじゃないかなと当時から思っていました。

当然スポジョバはまだまだ立ち上がったばかりの求人サイトで、大手求人サイトさんに比べると影響度はまだまだではあります。客観的に見ても、やはり打てる広告の数もそうですし、毎週UPできる新着求人数もまさに桁違いです。その分、価格は非常に安価なので、企業様にとっては始めやすいとは思います。ただ、営業としては売り上げを積み上げていくのは非常に難しく、人材紹介プランでご契約いただけたとしても、売上が何月に立つかわからないために「自分はダメダメだ」「なんでもっと売れないんだろう」と悩んだことも正直あります。

ここも前職と違うポイントではあるのですが、当社はやはり体育会系出身者が非常に多く、社内のコミュニケーションも活発です。前職は法務と、いわゆるお堅い系の職種だったため、オフィスの会話は積極的ではありませんでした。でも今は積極的にお話する機会も増えましたし、提案内容のフィードバックもすぐいただけ、提案内容の事前相談でさえ乗っていただける。良いギャップを常日頃感じているからこそ、前職に比べて「積極的になったね」「もっと静かなタイプじゃなかった?」と友人から言われることが増えました。

気づかないうちに、自分もどんどん良い方向に変化できていると実感しています。これは確実に、悩み事をすぐに解決できる環境と、スピード感の違いが大きいからこそ。自分から提案して、喜んでいただけることの幸せ。地道にコツコツ売り上げを作っていくサポートを、周りの方がしてくださる。そして何より、消極的な自分が積極的になれたということ……。きっとこれからも、多くの悩みや壁にぶち当たると思います。石橋を叩いて渡れないタイプの私ではありますが、きっと営業として成果を出せるようになれば、自分はもっと大きく変われると信じています。スポーツ業界で輝きたい人のため、そして採用にお困りのスポーツ企業の方々のため。私、牧野ができることを、これからも全力でやっていければと思います。」



今回のコラムニスト:スポジョバ営業部 牧野堅哉

北海道札幌市出身。小学校から大学まで17年間野球一筋。メンバーにも恵まれて小中高と全国大会(甲子園含む)への出場経験がある。卒業後は「スポーツ企業に入りたいけど、それは中途で力をつけないと難しだろう」と新卒カードを上手く使って大手専門商社へ入社。そこで力をつけたものの、自分が将来やりたいことと、甘い蜜をたくさん吸った同社を辞められなくなる恐怖から、年収をガッツリ下げても良いと決め2021年10月にスポジョバへジョイン。ほぼ毎日通うほどサウナが好きなサウナ―。行くときは「絶対1人で、自分のペースで3時間は入らないと気が済まない」という。実はダイエットも兼ねてサウナに行っているそうだが、サウナ上がりのビールだけは辞められない。

野球のピックアップ求人




野球のピックアップ記事




▶▶野球の記事一覧をみる

▶▶野球の求人をみる



最新の取材記事


スポジョバ公式ライン



(PR)スポーツ求人の掲載ならスポジョバ!期間無制限で掲載費無料!



友達追加するとあなたに合ったスポーツ業界情報をおしらせできます

友達追加する!

スポーツ業界の求⼈を探す


X
X
スポーツ業界の求⼈を探す

X

X

スポジョバについてもっと知る気軽にスポーツ業界の情報を知る

スポジョバ 公式SNS

フォローすればスポーツ業界の情報感度が上がる!