【バイク】自転車でウィリーをするコツは?やり方や練習方法を紹介!

編集部 スポジョバ

【バイク】自転車でウィリーをするコツは?やり方や練習方法を紹介!

編集部 スポジョバ

バイクでウィリーに挑戦したい!」

ウィリーをするコツや練習方法が知りたい!」

自転車競技に興味があり、ウィリーに挑戦しようとしている方も少なくないのではないでしょうか?

今回は、バイク初心者でも分かるように、ウィリーのコツや練習方法について解説していきます。

【自転車競技に携わりたい方必見!】

仕事・求人情報をチェック!


マウンテンバイクを使おう!ウィリーのコツを紹介!


ウィリーは自転車(バイク)の技でも有名で、1番最初にチャレンジする人も多いと思います。

ウィリーを成功させる為に注意する点を紹介していきます!

まずは、バイクの種類です。

バイクはマウンテンバイクがおすすめです。

ウィリーは危険が伴うため、頑丈なバイクが好ましいです。

また、マウンテンバイクでも次のように装備されているものがウィリーに適しています。

①フレームがコンパクト

②ハンドルバーが短い

③ブレーキがしっかり効く

④左右のバランスが取れるブロックタイヤ

次に、安全にウィリーの練習をするためにマウンテンバイクの調整をしましょう。

①サドルの高さ

サドルの高さが高いと重心が高くなり、バランスを保つ事が難しくなってしまいます。

初めは、重心を安定させるために両足のかかとが地面に着くくらいの高さにしましょう。

②ギアの重さ

初めはギアの軽い物にしましょう。

ギアが軽いことで前輪が上がりやすくなります

まずは自分に合うマウンテンバイクを選び、ウィリーをしても安定するように準備しましょう。


ウィリーのコツは?パワーは必要ない!?


ウィリーの仕方を習得するためには、「体重移動」「姿勢」の2つが大事になります。

<体重移動>

ウィリーをするためには、ハンドルを力任せで上げる必要はありません

体重移動と踏み込みだけで前輪は上がります

上体を深くハンドルに被せるようにして、腕を伸ばして肩と背中で引くように意識します。

のけ反るように上体を後ろへ倒すことで、前輪が上がります。

<姿勢>

①猫背にならない

背筋を無理やり伸ばす必要はありませんが、体重移動で前輪を上げるためには、背筋が伸びている方が良いでしょう。

②なるべく腕を伸ばす

肘は軽く曲げる程度で、維持するようにしましょう。

③骨盤を落とす

お腹を斜め下に突き出すようにします。

④目線

目線で頭の位置が変わってしまうと、バランスを崩してしまうので前タイヤを常に見るようにしましょう。


ウィリーの練習方法は?「まくれる」ことを恐れるな!


最初は、スピードを上げずゆっくり行いましょう

ただし、スピードが遅いとマウンテンバイクも不安定になり、前輪が上がった瞬間傾きやすくなります。

重心が後ろにいってしまい、ひっくり返ることを「まくれ」と言います

ゆっくりと行うことで、まくれてしまうことも多くなってしまいますが、後ろに降りるという練習にもなり、恐怖心を減らすことが出来ます。

ウィリーを習得する上で重要なステップと言えます。

慣れてきたらスピードを上げていきましょう。

スピードを上げた時は後ろブレーキの掛け方に気を付け、適切な力加減の感覚を掴みましょう

ブレーキの掛け方、失敗を恐れず漕ぎ続ける事、「まくれ」た時の対処を身に付けることで、ウィリーを成功させる事が出来ると思います!

マウンテンバイク」に関する情報を載せた記事もあるのでぜひご覧ください!

初心者必見!マウンテンバイク(MTB)のレースとは?競技の種類も紹介!


【スポーツを仕事にしたい方必見!】


スポジョバはスポーツ業界専門の求人・転職サイトです!

他にも様々なスポーツに関する記事がたくさんあります!

興味のある方はぜひご覧ください!→他の記事を見に行く

友達追加するとあなたに合ったスポーツ業界情報をおしらせできます

友達追加する!

スポーツ業界の求⼈を探す


スポーツ業界の求⼈を探す

スポジョバについてもっと知る気軽にスポーツ業界の情報を知る

スポジョバ 公式SNS

フォローすればスポーツ業界の情報感度が上がる!