横浜エクセレンス物語 vol.5|横浜から始まる、僕らの第2章に求める仲間

横浜エクセレンス(B3リーグ) 代表取締役社長:向井 昇

横浜エクセレンス物語 vol.5|横浜から始まる、僕らの第2章に求める仲間

横浜エクセレンス(B3リーグ) 代表取締役社長:向井 昇

プロバスケ『B.LEAGUE』は今、まさに戦国時代。2026年に始まる新リーグでは、これまでのように[B2]→[B1] ないしは [B1]→[B2]といった昇降格がなくなり、NPBのようにトップチームだけで構成されることになる。まさに新B1参入に向けて、B1~B3までの各クラブが群雄割拠の時代を生き残るため、バスケットボールを通じた新たな価値創出に向けて歩みを続けている。

さて、あなたはB3リーグに所属する『横浜エクセレンス』というクラブをご存知だろうか。

2012年~2021年まで『東京エクセレンス』として、東京都板橋区をホームとして活動。2021年から神奈川県横浜市に移転し名称変更したことで『横浜エクセレンス』になったクラブだ。Bリーグ創設前のNBDLで3連覇を成し遂げた注目株が、Bリーグ開幕以降に歩んできたこれまでと、2026年の新B1参入に向けた採用計画について、今回は『横浜エクセレンス』の代表取締役・向井昇氏に話を伺った。スポジョバ初の連載企画として、8週にわたり掲載する。

競技に関係なく、プロチームが本拠地を移転したケースは非常に珍しいと言えるだろう。また、クラブ存続の危機にもあったにも関わらず、全てをクリアにできたクラブの歴史は涙無くして見られないだろう。そして何より、向井氏の想いを知り、同クラブに興味を持たない人はほぼいないだろう。これはきっと、あなたの未来にも繋がる物語だ。


(取材:構成=スポジョバ編集部 小林亘)

(PR)気軽にスポーツ情報ツウ?!「スポジョバ」公式LINEはこちら!


>>>前回のvol.4はコチラ




遂に整った舞台。これから描きたい横浜エクセレンスの新しいストーリー

__新B1参入はもちろん、大きな絵を描きたいというお話がありました。恐らく今回の求人にも紐づく内容だと思いますが、改めて横浜エクセレンスさんの理念を教えてください。






向井:我々の理念は昔から変わらず「スポーツを通じてたくさんの人々に笑顔を提供する」というものがあります。ただ、これは、言葉にすると漠然としていたりもするので、これを具体化したものを来シーズンからは打ち出して参ります。

内容としては「選手、スタッフ、お客様、自治体、スポンサー……etc 色んな方が集うコミュニティーブランドになる」というものです。『横浜エクセレンス』というコミュニティに参加したり携わることで、携わった方々がより幸せになる、というようなイメージで、会社ではあるものの、ブランド化していきたいなと考えております。


__突っ込んだお話、もっと具体的に「こういう活動をしていこう!」といった方針はいかがですか?






向井:この話をすると、凄くセンセーショナルなことを想像されてしまうかもしれないのですが、活動としては本当にコツコツ、です。たとえば横浜武道館の指定管理でもある横浜市スポーツ協会さんや、神奈川県・横浜市のバスケットボール協会さんと一緒に、色んなところに顔を出してイベントをしていくとか(奇をてらったことではなく)、できることがあれば何でもやらせていただくというスタンスは、今も昔も変わらずやっていきたいところですね。

あとはどうしても、やはり組織としてできていないことが多いんです。たとえば今回の求人でお伝えすると、広報は今、チームにガッツリ入り込んで、たとえばオフショットや選手の私服など「きっと多くの人が見たいであろう」内容は、まだ届けられていません。だからこそ、今回それを大胆に動かしていくことで、クラブの底上げはもちろん、色々なことを新しい方々とドライブさせていきたいと考えています。


__向井さんの中で「こういう人と働きたい」というイメージはございますか?






向井:私たちは、有形商材で同じものをずっと売っているわけではありません。そういう意味では”商材”はチームや選手だったりするわけでして、それは毎年クオリティが変わっていくものです。構成している選手もスタッフも違うので、毎年のクオリティが担保できない。成果としては”勝ち負け”がありますが、これも相手ありきなのでコントロールできない。

そうなった際、どんな状況になったときでも柔軟に対応できる思考でしたりフットワークを持っている方が、一番向いているし『横浜エクセレンス』に相応しい方だなって思っております。本当に様々なことが起きる業界なので、ただ口を開けて待っている、指示を待っているのではなく、自分から積極的に「これはどうだろう」「こういうことをしたい」といったご提案を頂ける方と一緒に働きたいです。あとはやっぱり明るい方ですね。雄弁である必要はありませんが、居ることによって雰囲気が明るくなるような方がいらっしゃれば、本当に嬉しいです。


__向井さんが最終面接もされると思いますが、向井さんが「この人いいな!」ってなるポイントって、どんなところでしょうか?参考までに教えてください!






向井:やはり私たちはスポーツエンターテイメントの世界ですから、エンターテイメントをお客様にご提供して喜んでいただく。そのために何ができるかっていう業種なので、その意識を持ってやれるかどうか……で判断も変わってきます。ですから、相手を思いやれる気持ちでしたり、コミュニケーションが上手な方は非常に魅力的だなと思います。

……まぁ、言い出したらキリがないのですが(笑)。いずれにせよ明るくコミュニケーションを取ってくださって、『横浜エクセレンス』の理念に共感していただけて、一緒にバスケットと横浜市・神奈川県を盛り上げていきたいという気持ちをお持ちの方と働きたいですね。もちろん、私たちを生み、育ててくれた板橋区にも恩返ししたいという気持ちはありますから、その気持ちも持ってくださる方ですと、尚嬉しいです。8年も板橋区で活動させていただいてましたから……


>>>次回「これまでも、これからも、ずっと。繋いだ手を離さない。」につづく





2021-22シーズンにて撮影されたスタッフの1枚(※クラブ提供)


横浜エクセレンスの求人はコチラ


バスケットボールのピックアップ求人






最新の取材記事


スポジョバ公式ライン



(PR)スポーツ求人の掲載ならスポジョバ!期間無制限で掲載費無料!



プロバスケ『B.LEAGUE』は今、まさに戦国時代。2026年に始まる新リーグでは、これまでのように[B2]→[B1] ないしは [B1]→[B2]といった昇降格がなくなり、NPBのようにトップチームだけで構成されることになる。まさに新B1参入に向けて、B1~B3までの各クラブが群雄割拠の時代を生き残るため、バスケットボールを通じた新たな価値創出に向けて歩みを続けている。

さて、あなたはB3リーグに所属する『横浜エクセレンス』というクラブをご存知だろうか。

2012年~2021年まで『東京エクセレンス』として、東京都板橋区をホームとして活動。2021年から神奈川県横浜市に移転し名称変更したことで『横浜エクセレンス』になったクラブだ。Bリーグ創設前のNBDLで3連覇を成し遂げた注目株が、Bリーグ開幕以降に歩んできたこれまでと、2026年の新B1参入に向けた採用計画について、今回は『横浜エクセレンス』の代表取締役・向井昇氏に話を伺った。スポジョバ初の連載企画として、8週にわたり掲載する。

競技に関係なく、プロチームが本拠地を移転したケースは非常に珍しいと言えるだろう。また、クラブ存続の危機にもあったにも関わらず、全てをクリアにできたクラブの歴史は涙無くして見られないだろう。そして何より、向井氏の想いを知り、同クラブに興味を持たない人はほぼいないだろう。これはきっと、あなたの未来にも繋がる物語だ。


(取材:構成=スポジョバ編集部 小林亘)

(PR)気軽にスポーツ情報ツウ?!「スポジョバ」公式LINEはこちら!


>>>前回のvol.4はコチラ




遂に整った舞台。これから描きたい横浜エクセレンスの新しいストーリー

__新B1参入はもちろん、大きな絵を描きたいというお話がありました。恐らく今回の求人にも紐づく内容だと思いますが、改めて横浜エクセレンスさんの理念を教えてください。






向井:我々の理念は昔から変わらず「スポーツを通じてたくさんの人々に笑顔を提供する」というものがあります。ただ、これは、言葉にすると漠然としていたりもするので、これを具体化したものを来シーズンからは打ち出して参ります。

内容としては「選手、スタッフ、お客様、自治体、スポンサー……etc 色んな方が集うコミュニティーブランドになる」というものです。『横浜エクセレンス』というコミュニティに参加したり携わることで、携わった方々がより幸せになる、というようなイメージで、会社ではあるものの、ブランド化していきたいなと考えております。


__突っ込んだお話、もっと具体的に「こういう活動をしていこう!」といった方針はいかがですか?






向井:この話をすると、凄くセンセーショナルなことを想像されてしまうかもしれないのですが、活動としては本当にコツコツ、です。たとえば横浜武道館の指定管理でもある横浜市スポーツ協会さんや、神奈川県・横浜市のバスケットボール協会さんと一緒に、色んなところに顔を出してイベントをしていくとか(奇をてらったことではなく)、できることがあれば何でもやらせていただくというスタンスは、今も昔も変わらずやっていきたいところですね。

あとはどうしても、やはり組織としてできていないことが多いんです。たとえば今回の求人でお伝えすると、広報は今、チームにガッツリ入り込んで、たとえばオフショットや選手の私服など「きっと多くの人が見たいであろう」内容は、まだ届けられていません。だからこそ、今回それを大胆に動かしていくことで、クラブの底上げはもちろん、色々なことを新しい方々とドライブさせていきたいと考えています。


__向井さんの中で「こういう人と働きたい」というイメージはございますか?






向井:私たちは、有形商材で同じものをずっと売っているわけではありません。そういう意味では”商材”はチームや選手だったりするわけでして、それは毎年クオリティが変わっていくものです。構成している選手もスタッフも違うので、毎年のクオリティが担保できない。成果としては”勝ち負け”がありますが、これも相手ありきなのでコントロールできない。

そうなった際、どんな状況になったときでも柔軟に対応できる思考でしたりフットワークを持っている方が、一番向いているし『横浜エクセレンス』に相応しい方だなって思っております。本当に様々なことが起きる業界なので、ただ口を開けて待っている、指示を待っているのではなく、自分から積極的に「これはどうだろう」「こういうことをしたい」といったご提案を頂ける方と一緒に働きたいです。あとはやっぱり明るい方ですね。雄弁である必要はありませんが、居ることによって雰囲気が明るくなるような方がいらっしゃれば、本当に嬉しいです。


__向井さんが最終面接もされると思いますが、向井さんが「この人いいな!」ってなるポイントって、どんなところでしょうか?参考までに教えてください!






向井:やはり私たちはスポーツエンターテイメントの世界ですから、エンターテイメントをお客様にご提供して喜んでいただく。そのために何ができるかっていう業種なので、その意識を持ってやれるかどうか……で判断も変わってきます。ですから、相手を思いやれる気持ちでしたり、コミュニケーションが上手な方は非常に魅力的だなと思います。

……まぁ、言い出したらキリがないのですが(笑)。いずれにせよ明るくコミュニケーションを取ってくださって、『横浜エクセレンス』の理念に共感していただけて、一緒にバスケットと横浜市・神奈川県を盛り上げていきたいという気持ちをお持ちの方と働きたいですね。もちろん、私たちを生み、育ててくれた板橋区にも恩返ししたいという気持ちはありますから、その気持ちも持ってくださる方ですと、尚嬉しいです。8年も板橋区で活動させていただいてましたから……


>>>次回「これまでも、これからも、ずっと。繋いだ手を離さない。」につづく





2021-22シーズンにて撮影されたスタッフの1枚(※クラブ提供)


横浜エクセレンスの求人はコチラ


バスケットボールのピックアップ求人






最新の取材記事


スポジョバ公式ライン



(PR)スポーツ求人の掲載ならスポジョバ!期間無制限で掲載費無料!



設立年月 2016年07月
代表者 向井昇
従業員数
業務内容

バスケットボールクラブの運営
プロスポーツに関する興行の実施
スポーツ関連商品やグッズ、写真、映像、その他製品の企画・販売
スポーツ施設の管理運営
スポーツ選手のマネジメント
知的財産権の管理運営
広告代理店業
労働者派遣業
スポーツ教室・大会・勉強会・イベント等の開催
前各号に附帯又は関連する一切の事業

友達追加するとあなたに合ったスポーツ業界情報をおしらせできます

友達追加する!

スポーツ業界の求⼈を探す


X
X
スポーツ業界の求⼈を探す

X

X

スポジョバについてもっと知る気軽にスポーツ業界の情報を知る

スポジョバ 公式SNS

フォローすればスポーツ業界の情報感度が上がる!