スノーボードのインストラクターになるには?資格は?徹底解説します!

編集部 スポジョバ

スノーボードのインストラクターになるには?資格は?徹底解説します!

編集部 スポジョバ

好きなスノーボードを仕事にしたい!

今回はスノーボードのインストラクターについて解説したいと思います!

インストラクターになるには?資格はいるの?

このような疑問を解決していきます!

(PR)気軽にスポーツ情報ツウ?!「スポジョバ」公式LINEはこちら!


スノーボードのインストラクターはどんな仕事?

今や日本のゲレンデでもスキーと同様に大人気のスノーボード。

しかし、人気の割には、無謀滑走や技術不足によるスノーボーダーのルール違反やマナー違反が目立ちます。

そこでスノーボード インストラクターは、初心者にスノーボードを教えてスノーボードの普及に努めたり、正しいスノーボードの楽しみ方を指導するのが主な仕事内容になります。

スノーボードインストラクターが活躍するのは、やはり冬季のスキー場です。

主にスノーボードスクールを実施しているスキー場で講師として活動します。

初心者や中級者にスノーボードの技術を教えるのはもちろん、ルールやマナーといった部分での指導も詳しく行います!

フリースタイルやハーフパイプなど、様々なコースがあるため生徒の実力や目的に合わせて柔軟に指導する事が必要です。

そのため、インストラクター自身にも高いスノーボードの技術力が求められる仕事です!

スノーボードが日本に定着してからまだ日は浅いですが、年々スノーボード人口は増加傾向にあります。

インストラクターの需要は今後も増えていくでしょう!

資格を取得するには?

スノーボード インストラクターの資格は、全日本スキー連盟(SAJ)などの複数の団体でそれぞれに制定されています。

今回は最も歴史が長い日本スノーボード協会(JSBA)公認インストラクターをご紹介します!

スノーボードのインストラクターになるにはC級インストラクターの資格を取得する必要があります!

インストラクターの資格はA級〜C級まであり今回紹介するC級はこの中の一番下のクラスです。

では、取得の順番を説明していきます。

①JSBAかSAJに会員登録

②バッジテスト2級を受ける

・事前講習を受けてバッジテスト2級を受け合格する

③バッジテスト1級を受ける

・事前講習を受けてバッジテスト1級を受け合格する

④C級インストラクターの講習を受ける

以上です。

次に資格の取得費用をご紹介します。

・年会費

・バッジテストの料金

・講習代(1級を取得後)

以上です。

仕事のやりがいは?大変なところは?

では、どのような方がスノーボード インストラクターに向いているのでしょうか?

当たり前ですがスノーボードが好きな方が向いています!

しかし単に好きなだけではなく、スノーボードを普及しスノーボーダーにルールやマナーを指導してスノーボードの地位向上やイメージ改善に貢献したいと言う高い志が求められます!

人に教える仕事なので、コミュニケーション能力も大切なスキルですね。

デメリットとして挙げるならば、どうしても基本的には冬季限定の仕事になってしまうので副業に向いた仕事と言えます。

したがって給料が低かったり、求人が少ない等の点も挙げられます。

給料は資格のグレードやスクールによって異なります。

いかがだったでしょうか?

スノーボードを仕事にしたい方は是非チャレンジしてみてくださいね!

ウィンタースポーツのピックアップ求人





ウィンタースポーツのピックアップ記事





▶▶ウィンタースポーツの求人一覧をみる

▶▶ウィンタースポーツの記事一覧をみる



最新の取材記事


スポジョバ公式ライン



(PR)スポーツ求人の掲載ならスポジョバ!期間無制限で掲載費無料!




好きなスノーボードを仕事にしたい!

今回はスノーボードのインストラクターについて解説したいと思います!

インストラクターになるには?資格はいるの?

このような疑問を解決していきます!

(PR)気軽にスポーツ情報ツウ?!「スポジョバ」公式LINEはこちら!


スノーボードのインストラクターはどんな仕事?

今や日本のゲレンデでもスキーと同様に大人気のスノーボード。

しかし、人気の割には、無謀滑走や技術不足によるスノーボーダーのルール違反やマナー違反が目立ちます。

そこでスノーボード インストラクターは、初心者にスノーボードを教えてスノーボードの普及に努めたり、正しいスノーボードの楽しみ方を指導するのが主な仕事内容になります。

スノーボードインストラクターが活躍するのは、やはり冬季のスキー場です。

主にスノーボードスクールを実施しているスキー場で講師として活動します。

初心者や中級者にスノーボードの技術を教えるのはもちろん、ルールやマナーといった部分での指導も詳しく行います!

フリースタイルやハーフパイプなど、様々なコースがあるため生徒の実力や目的に合わせて柔軟に指導する事が必要です。

そのため、インストラクター自身にも高いスノーボードの技術力が求められる仕事です!

スノーボードが日本に定着してからまだ日は浅いですが、年々スノーボード人口は増加傾向にあります。

インストラクターの需要は今後も増えていくでしょう!

資格を取得するには?

スノーボード インストラクターの資格は、全日本スキー連盟(SAJ)などの複数の団体でそれぞれに制定されています。

今回は最も歴史が長い日本スノーボード協会(JSBA)公認インストラクターをご紹介します!

スノーボードのインストラクターになるにはC級インストラクターの資格を取得する必要があります!

インストラクターの資格はA級〜C級まであり今回紹介するC級はこの中の一番下のクラスです。

では、取得の順番を説明していきます。

①JSBAかSAJに会員登録

②バッジテスト2級を受ける

・事前講習を受けてバッジテスト2級を受け合格する

③バッジテスト1級を受ける

・事前講習を受けてバッジテスト1級を受け合格する

④C級インストラクターの講習を受ける

以上です。

次に資格の取得費用をご紹介します。

・年会費

・バッジテストの料金

・講習代(1級を取得後)

以上です。

仕事のやりがいは?大変なところは?

では、どのような方がスノーボード インストラクターに向いているのでしょうか?

当たり前ですがスノーボードが好きな方が向いています!

しかし単に好きなだけではなく、スノーボードを普及しスノーボーダーにルールやマナーを指導してスノーボードの地位向上やイメージ改善に貢献したいと言う高い志が求められます!

人に教える仕事なので、コミュニケーション能力も大切なスキルですね。

デメリットとして挙げるならば、どうしても基本的には冬季限定の仕事になってしまうので副業に向いた仕事と言えます。

したがって給料が低かったり、求人が少ない等の点も挙げられます。

給料は資格のグレードやスクールによって異なります。

いかがだったでしょうか?

スノーボードを仕事にしたい方は是非チャレンジしてみてくださいね!

ウィンタースポーツのピックアップ求人





ウィンタースポーツのピックアップ記事





▶▶ウィンタースポーツの求人一覧をみる

▶▶ウィンタースポーツの記事一覧をみる



最新の取材記事


スポジョバ公式ライン



(PR)スポーツ求人の掲載ならスポジョバ!期間無制限で掲載費無料!




友達追加するとあなたに合ったスポーツ業界情報をおしらせできます

友達追加する!

スポーツ業界の求⼈を探す


X
X
スポーツ業界の求⼈を探す

X

X

スポジョバについてもっと知る気軽にスポーツ業界の情報を知る

スポジョバ 公式SNS

フォローすればスポーツ業界の情報感度が上がる!