【水泳泳ぎ方解説】背泳ぎが上手く泳げるようになるコツを知りたい!

編集部 スポジョバ

【水泳泳ぎ方解説】背泳ぎが上手く泳げるようになるコツを知りたい!

編集部 スポジョバ

「背泳ぎが上手く泳げない。どうやったらスムーズに泳げるんだろう...」

「背泳ぎの泳ぎ方のコツを知りたい!何を意識すれば良いの?」

前回は四泳法の一つであるクロールに関して、泳ぎ方のコツや意識すべきことに関して詳しく取り上げました!

【水泳初心者向け】クロールの泳ぎ方を教えて!コツも合わせて紹介!

四泳法の中で唯一、上を向いて泳ぐ背泳ぎ。

上向きで泳ぐことに慣れないうちは、なかなか上手く泳ぐのが難しい泳ぎ方ですよね。

そこで、今回は背泳ぎが上手く泳げるようになるコツや意識すべきことに関して詳しく取り上げていきます!基本姿勢、足の使い方、手の動かし方、それぞれどのようなコツがあるのでしょうか?

【水泳を仕事に!?】→仕事を見にいく。

(PR)気軽にスポーツ情報ツウ?!「スポジョバ」公式LINEはこちら!


【水泳泳ぎ方解説】背泳ぎが上手く泳げるようになるコツを知りたい!

背泳ぎが上手くなるコツは楽に浮ける姿勢を身に付けること!?

背泳ぎが上手に泳げるようになるためには、まずは基本姿勢を身に付けることが大切です。

背泳ぎの綺麗な姿勢のコツは、頭から足先までを一直線になるようにし、全身の力を抜くことです。

また、顔が水に沈まないように顎を上げすぎてしまうと足先が沈んでしまい、楽に身体を水面に浮かせることができなくなってしまいます。

目線は自分のおへそあたり、顎を少し引き気味にして一直線の姿勢を意識しましょう。


背泳ぎの上手な足の使い方とは?意識するべきは足の甲?

背泳ぎでの足の動きは、基本的にはクロールの際の足の使い方と大きな違いはありません

クロールのキックと同様に、足を動かす際は太ももから大きく動かし、足の甲を使って水を後ろに押し出す意識を持つと上手く前に進むことができます。

また、キックをする際はひざを伸ばし始める瞬間、けり始めの瞬間のみ力を入れることが速く泳げるようになるコツです。


足の甲が後ろ、つまり水を押したい方向に向いている蹴り始めに力を入れることで大きな推進力が生まれます。

しかし、キックの際に足を大きく動かしすぎてしまうと上半身が崩れ、姿勢を保てなくなってしまうため、足や膝が水面から出ない程度に動くようにしましょう。


背泳ぎは肩から回すように腕を動かす!ローリングも合わせて紹介!

基本姿勢ができて、足を上手く動かせるようになったら最後は腕の使い方です。

背泳ぎのストロークでは腕のみを回すのではなく、肩から大きく動かすことを意識しましょう。また、腕を回す際は肘が曲がらないように耳の横を擦るように動かすと、上手く前に進むことができます。

腕を動かすことに慣れてきたら、次はローリングを身に付けましょう。

ローリングとは、腕の動きに合わせて身体が左右に動くことを指します。


クロールや背泳ぎなど左右で交互に水をかく動かし方をする泳ぎ方では大きく水をかこうとすると水をかく方の手の方向に自然と身体が傾きます

このローリングが上手くできるようになれば肩の動きが大きく、かつ水を多くかけるようになるため、背泳ぎでのタイムを伸ばすことができます。

深めに腕を入水させ、遠くの水を掴みにいくイメージで腕を動かすのがローリングのコツです。


しかし、無理に身体を傾けようとすると姿勢やリズムが崩れてしまうため、あくまで「大きく肩を動かそうとした結果身体が傾く」ということを忘れないようにしてください。

今回は四泳法の一つである背泳ぎの上手な泳ぎ方のコツをご紹介いたしました!

こちらの記事では平泳ぎの泳ぎ方のコツに関して詳しく取り上げているので、ぜひ合わせてお読みください!

平泳ぎが上手く泳げるようになる!足、手、息継ぎのコツをそれぞれ紹介!

【水泳好き必見!】→仕事を見にいく。

水泳・スイミング・マリンスポーツのピックアップ求人





ウォータースポーツのピックアップ記事




▶▶ウォータースポーツの求人一覧をみる

▶▶ウォータースポーツの記事一覧をみる



最新の取材記事


スポジョバ公式ライン



(PR)スポーツ求人の掲載ならスポジョバ!期間無制限で掲載費無料!



「背泳ぎが上手く泳げない。どうやったらスムーズに泳げるんだろう...」

「背泳ぎの泳ぎ方のコツを知りたい!何を意識すれば良いの?」

前回は四泳法の一つであるクロールに関して、泳ぎ方のコツや意識すべきことに関して詳しく取り上げました!

【水泳初心者向け】クロールの泳ぎ方を教えて!コツも合わせて紹介!

四泳法の中で唯一、上を向いて泳ぐ背泳ぎ。

上向きで泳ぐことに慣れないうちは、なかなか上手く泳ぐのが難しい泳ぎ方ですよね。

そこで、今回は背泳ぎが上手く泳げるようになるコツや意識すべきことに関して詳しく取り上げていきます!基本姿勢、足の使い方、手の動かし方、それぞれどのようなコツがあるのでしょうか?

【水泳を仕事に!?】→仕事を見にいく。

(PR)気軽にスポーツ情報ツウ?!「スポジョバ」公式LINEはこちら!


【水泳泳ぎ方解説】背泳ぎが上手く泳げるようになるコツを知りたい!

背泳ぎが上手くなるコツは楽に浮ける姿勢を身に付けること!?

背泳ぎが上手に泳げるようになるためには、まずは基本姿勢を身に付けることが大切です。

背泳ぎの綺麗な姿勢のコツは、頭から足先までを一直線になるようにし、全身の力を抜くことです。

また、顔が水に沈まないように顎を上げすぎてしまうと足先が沈んでしまい、楽に身体を水面に浮かせることができなくなってしまいます。

目線は自分のおへそあたり、顎を少し引き気味にして一直線の姿勢を意識しましょう。


背泳ぎの上手な足の使い方とは?意識するべきは足の甲?

背泳ぎでの足の動きは、基本的にはクロールの際の足の使い方と大きな違いはありません

クロールのキックと同様に、足を動かす際は太ももから大きく動かし、足の甲を使って水を後ろに押し出す意識を持つと上手く前に進むことができます。

また、キックをする際はひざを伸ばし始める瞬間、けり始めの瞬間のみ力を入れることが速く泳げるようになるコツです。


足の甲が後ろ、つまり水を押したい方向に向いている蹴り始めに力を入れることで大きな推進力が生まれます。

しかし、キックの際に足を大きく動かしすぎてしまうと上半身が崩れ、姿勢を保てなくなってしまうため、足や膝が水面から出ない程度に動くようにしましょう。


背泳ぎは肩から回すように腕を動かす!ローリングも合わせて紹介!

基本姿勢ができて、足を上手く動かせるようになったら最後は腕の使い方です。

背泳ぎのストロークでは腕のみを回すのではなく、肩から大きく動かすことを意識しましょう。また、腕を回す際は肘が曲がらないように耳の横を擦るように動かすと、上手く前に進むことができます。

腕を動かすことに慣れてきたら、次はローリングを身に付けましょう。

ローリングとは、腕の動きに合わせて身体が左右に動くことを指します。


クロールや背泳ぎなど左右で交互に水をかく動かし方をする泳ぎ方では大きく水をかこうとすると水をかく方の手の方向に自然と身体が傾きます

このローリングが上手くできるようになれば肩の動きが大きく、かつ水を多くかけるようになるため、背泳ぎでのタイムを伸ばすことができます。

深めに腕を入水させ、遠くの水を掴みにいくイメージで腕を動かすのがローリングのコツです。


しかし、無理に身体を傾けようとすると姿勢やリズムが崩れてしまうため、あくまで「大きく肩を動かそうとした結果身体が傾く」ということを忘れないようにしてください。

今回は四泳法の一つである背泳ぎの上手な泳ぎ方のコツをご紹介いたしました!

こちらの記事では平泳ぎの泳ぎ方のコツに関して詳しく取り上げているので、ぜひ合わせてお読みください!

平泳ぎが上手く泳げるようになる!足、手、息継ぎのコツをそれぞれ紹介!

【水泳好き必見!】→仕事を見にいく。

水泳・スイミング・マリンスポーツのピックアップ求人





ウォータースポーツのピックアップ記事




▶▶ウォータースポーツの求人一覧をみる

▶▶ウォータースポーツの記事一覧をみる



最新の取材記事


スポジョバ公式ライン



(PR)スポーツ求人の掲載ならスポジョバ!期間無制限で掲載費無料!



友達追加するとあなたに合ったスポーツ業界情報をおしらせできます

友達追加する!

スポーツ業界の求⼈を探す


X
X
スポーツ業界の求⼈を探す

X

X

スポジョバについてもっと知る気軽にスポーツ業界の情報を知る

スポジョバ 公式SNS

フォローすればスポーツ業界の情報感度が上がる!