「バスケットボールとは、一旦お別れです」家族のために夢を横に置いた漢が見つけた、次なるミッション【後編】

(株)ビスタ:代表取締役 伊藤俊亮

「バスケットボールとは、一旦お別れです」家族のために夢を横に置いた漢が見つけた、次なるミッション【後編】

(株)ビスタ:代表取締役 伊藤俊亮

「自分の長所と短所を教えてください」

面接で必ずと言っていいほど聞かれる内容だと思う。企業の採用担当は、その人のパーソナルな部分を知るためにこのような質問をしたり、アイスブレイクして本心を聞き出そうとすることがしばしばある。一方で、スキルに関しては履歴書を見ればある程度は理解できる。となると、面接は本人のスキルの確認と会社のカラーに合うかどうかの確認だけと言ってもいいかもしれない。

一方、アスリートとなるとどうだろう。自分の年俸はいくらか、チームの戦術にどうフィットできるか、プレイ以外の付加価値をどれだけつけられるか……etc そんな目線でGMとプレイヤー(ないしは代理人)が話をし、行く先々を決めている。サラリーマンと違うのは"引退"があるかどうかだけだが、それが1つ高いハードルになっているのかもしれない。

現在『BLUE GATE』というフィットネスクラブを経営する、元バスケットボール男子日本代表選手の伊藤俊亮氏「正直、アスリートのセカンドキャリアは、そんなにムズかしくないです」「広い視野でみれば、経験を活かせることっていっぱいあるんです」と非常に物腰柔らかく語る。前編は『アスリートのセカンドキャリアについて』。今回の後編『フィットネスクラブを事業譲渡にて引き継いだ理由』について。「想いもしない形でしたが、スポーツ業界に戻ってきました!」と笑顔で語る彼が、バスケットボール業界を退いた後に見つけた次なる面白いこととは……?


(取材:構成=スポジョバ編集部 小林亘)

(PR)気軽にスポーツ情報ツウ?!「スポジョバ」公式LINEはこちら!


灯台下暗し。引退後に選んだ道とは。

__調べれば一発で出てきてしまうのですが、伊藤さんは千葉ジェッツを1年で退職されていますよね?その後、現在に至るまでの話をまずはお伺いしたいなと。





伊藤:これもセカンドキャリア問題につながってくるんですけれど、結構選手だと時間に余裕があるんですよ。遠征とかは多いんですけれど、遅くまでの仕事とかはないですし。千葉ジェッツのフロントとして働き始めてから間違いなくやりたいことはできていたものの、一方私はシングルファーザーですから、子どもたちとの時間を全く取れなくなってしまって。ここが結構ギャップでした。やっぱり選手時代は練習や試合が終わったあとの時間って、子どもたちとも多く過ごせていたんですけれど、会社員になってからそうじゃなくなってしまった、というのが難しいなぁと。


__なるほど……。いきなり突っ込みすぎました、すみません。。。





伊藤:いえいえ(笑)。甘く見ていたつもりはないんですが、やっぱり大変でした。選手としてのキャリアの最後の方からそういう状況だったので、体力的にも厳しくって。千葉ジェッツのフロントとして、法人のお客様に興行時のイベントや興行自体を販売し、それぞれのゲームで冠スポンサーさんに対して提案内容を考えて調整して実施してフィードバックして、かつ新規営業もやって……etc。めちゃめちゃ良い経験にはなったものの、やっぱり忙しさは選手の時以上でした。セカンドキャリアとして活躍はできるだろう、自分自身のPR方法は選手時代と同じだろうと思っていたものの……ですね。それで、家族にウエイトを置きながら仕事をさせてもらう時間が必要だなと思って、一度実家に戻り不動産をやることになりまして。


__一旦ご自身の目標を横に置くという選択は、家族思いな伊藤さんを象徴している気もします。






伊藤:ありがとうございます。私は選手時代から「ハードなプレイヤーだけど、話すと意外とソフトなタイプです」ってキャラクターも表現していたので、私の想いを周りがすぐ理解してくれたのもありがたかったですね。……それで前編でもお話した通り、父はビジネスマンで色んな事業をやっていて。私が小さい頃は玩具を輸入して販売するって小売業をやっていたんですけど、私が戻るときは不動産売買の会社をやっていたので、それを引き継いで。

2年くらいやってて慣れてきたタイミングで、子育ても落ち着いてきたので「そろそろ面白いこと、次に挑戦できるな」って思い始めたのが当時のことですね。そこでお付き合いがあった『日本M&Aセンター』っていう、仲介業ではかなり大手さんなんですが、その担当者の方に「何か面白い案件ないですか?」って相談をするようになってですね。


__これまで売り込んできたご自身のキャラクターが、ここでも活きてくるわけですか……!ところで、M&Aセンターさんから、どんなところをご紹介いただけたんですか?






伊藤:いやー本当に様々ですよ!詳しいことはここでは言えないですけど、飲食業から宿泊業、スポーツ関係もチラホラありましたけど……とかとか(笑)。ただ、私はスポーツチームを経営してみたかったんですよ。プロスポーツチーム。「今結構スポーツ業界厳しいから、(案件)あるでしょ?(笑)」みたいに言ってたんですけど、中々案件としては出てこなくて。そんなタイミングでご提案いただけたのが『BLUE GATE』だったんです。

「フィットネスね~」って最初は思ったんですけど、話を聞いたらめちゃめちゃ家から近くて。なのに私は存在を知らなかったんです。紹介してもらい意識してから「あ、これか!」って。ちょっと興味を持ち始めて「詳しく聞かせてください」って言ったのが『BLUE GATE』との出会い。それで実際お店に行ってみたら、建物も内観もすごくキレイで広さも十分。これは面白いかもしれないって、挑戦しようって決めたのが最初ですね。




千葉ジェッツフロント時代の写真(本人提供)


必要なことは、ぜんぶバスケットが教えてくれた。

__チームを持ちたいと思っていた伊藤さんが、フィットネスクラブに興味を持った理由ってどんなところにあったんでしょう?






伊藤:2つありまして、1つは健康寿命だなんだってフィットネスが再び注目され始めていた所で面白そうだなって思ったのが1つ。もちろん私自身も、身体を動かすのは好きですし。そしてもう1つはビジネスモデル。基本的にモデルとしては施設の時間貸しではあるものの、会員さんがいてクラブがあってっていう構造じゃないですか。法人・個人のお客様がいて、クラブの熱量を高めて、会員さんから愛されるクラブを創っていく。これってプロスポーツチームもフィットネスクラブも全く一緒だなって。これに気づけたので、やり方としては経験をそのまま活かしてやれるぞ!って直感的ですけど思えたんですよ。


__その発想は凄い!たしかに言われてみると同じですね!……とはいえ「『BLUE GATE』を経営する」っていうことに、どんな魅力と言いますか。「家の近くのキレイな建物にあるフィットネスだから決めた」だけではないと思うので。






伊藤フィットネスクラブに通う理由の中で「近いから」って小さくないと思うんです。近いから行く。近くにないから行かない。って。それにこの辺り(桜木町周辺)では、大手のフィットネスクラブさんがドン!って駅前に建ってたりはするんですけれど、いわゆるプロスポーツチームのような"地域密着"みたいなところを意識しているクラブさんは少ないと調査して感じまして。

……実は『BLUE GATE』もそうで、元々このクラブは北陸のほうの会社が遠隔でずっと運営を続けていたんですね。そうすると"地の利"がわからない、地域の把握ができない中での運営だったという現状を理解できたんです。それであれば、自分が実際に入って地域の方と顔を合わせながら運営していくことって絶対必要だし、面白くできるんじゃないかなって。


__その考え方って、結構千葉ジェッツのフロント時代に培ったものが大きいんじゃないですか?まさにジェッツさんが「アリーナを満員にするぞ!」って考え活動されていた内容と同じ方向性なんじゃないかな……と。






伊藤:本当にそうです!同じです!「千葉ジェッツでファンの方を増やそう!」と思ったときに、まずは船橋市の方々に応援してもらえるように活動をしなきゃいけないじゃないですか。それと全く同じ。遠隔で経営していた『BLUE GATE』が、まずは日ノ出町の方々に愛してもらえるように活動することから始める。これは自分にしかできないって自信はありましたね。だから始めました。



__地元の方々に愛してもらえるクラブにするため、伊藤さんはどんなことを意識していらっしゃるんですか?






伊藤:一言で言うと「コミュニティの活性化」ですかね!





__と言いますと?






伊藤:このエリアってお店もいっぱいあるんです。住んでいる方も多い。そうなったときに、地域で働く方・住んでいる方としっかり繋がっていきたいと思っていて。もっと具体的に言うと『BLUE GATE』の目の前って運河になっているんですけど、そこでSUPをやっているクラブさんがあるんです。ご挨拶させていただいた際に「たとえばウチに通うお客様に対して店舗外レッスンみたいな形で、SUP体験を提供できたら面白くないですか?」とかって話で盛り上がれたり。

それから脱毛サロンが近くにあるんですが、サロンの方とお話する中で「お互いの所だけじゃ理想の自分になるってゴールはほど遠いよね」って話になって。「スリムだけど毛がボーボーじゃあね」とか「ツルッツルだけど、身体はポヨポヨじゃあね」とか(笑)。「じゃあ今度お互いのお客様向けに体験会やりましょうよ!」って話をしたりして。そういう感じで地域のお店と上手く提携しながら、コミュニティを上手く作っていきたいんです。




ブルーゲートのエントランス(本人提供)



この場所だけじゃない。この場所から始まる。

__単純に「地場で何十年やってます!」だけではなくて、そこのお店に行くとこんな付加価値があるって感じられるのは、めちゃめちゃ店舗としての価値が高まるだろうって、お話を聞くだけでも思います!






伊藤:フィットネス目的で来たのに、SUPできたり脱毛体験できたら絶対面白いと思うんですよね!……ただ『BLUE GATE』のM&Aのお話をいただいてからすぐコロナになってしまったので「一旦案件を止めさせてください」って話をして。それで半年くらい待っていただいて、2020年11月頃に本格的に再び動き始めたんですよ。そこから条件交渉をして譲渡まで半年以上かかり……。

実際に引き継いだのもコロナ禍なので、出来ることは限られていました。なので、まだまだこれからです!もっと『BLUE GATE』を進化させていかないと!



__早速コミュニティの活性化のために動かれているからこそ、本格始動してから既に何か取り組まれていることとかもあるんじゃないですか??






伊藤:正式に私が舵を取り始めたのは、2021年の5月からなんです。だからまだまだやりたいこと全ては出来ていないんですが、1つ始まった大きな施策で言えば"看板"ですね。

『BLUE GATE』は京急「日ノ出町」駅を出てすぐ、横断歩道を挟んで目の前のビルの3Fに入っているんです。ですから、駅から出てきた人は絶対にこのビルを見るんですよ。でも3Fまで目線を上げてもらえる機会が少なかったんです。だから「LEDの看板を入れて、動画を流せば見ていただけるんじゃないかな」って思って、導入することに決めたんです。ゆくゆくは、PRに困っているお店の動画広告を流したりして、お手伝いができないかなとか、そういうことも考えてますね!


__めちゃめちゃいいですね!伊藤さんは『BLUE GATE』だけではなく、街そのものも魅力的にしていきそうですね!






伊藤:やっぱり私は幼少期の大半を神奈川県で育ったので、いわゆる地元に恩返しみたいなことはしていきたいんですよ!『BLUE GATE』という名前を引き継いだ理由もそこにあって。この地域に根差してやってきたこの場所を、経営が私になったからといって名前を変えるメリットってないと思ったんです。元々いた会員様も、今まで『BLUE GATE』に携わってくださっていた人もいるわけです。だから"承継したリニューアル"っていうのは強くイメージしていまして

ですから、今あるものをより良くしていくのが私の仕事。第二章ってなると新しい会員様をはじめ、元々いたスタッフもリニューアルそのものを楽しいと思ってもらえるように、そして「あそこ面白い事やっているよね」って言ってもらえるように。魅力を感じてもらえるクラブにしていきたいと思っています。


__看板の話も出ましたが、足元を見ればやらなきゃいけないことも多いのでは?と思います。その上で今後どんな活動をされていくんですか?






伊藤:それもバスケットをやっていたときに感じたことですけど、やっぱりバスケットの試合を観に来て下さる方って、もともとバスケットに興味を持っている人が多いんです。野球が好き、サッカーが好きって人はそこまで多くない。その"新しく知る層"や"全然興味がなかった層"を引き込むために、ウチの魅力をTwitterなどSNSで伝えることは大切にしたいんですよね。



__それは大切ですね!ちなみに当時はどんな活動をしたんですか?






伊藤:千葉ジェッツ時代に、バスケに全く興味なかった方々に対して「実は、千葉ジェッツに原修太(#31)っていう、ゴツゴツしたけど外見だけど笑顔がめちゃくちゃ可愛いヤツがいるんですよ」って原選手を紹介したことがありまして(笑)。それ結構面白がってもらって、今まで全くBリーグやバスケットボールに興味なんてなかった各企業公式アカウント様が申し合わせて観に来てくださったことがあったんですよ。

いまフィットネス業界、当社に必要なのは"それ"なんです。今のはあくまで一例ですが、そういった"身体を動かす"とか"健康"にそこまで興味がない人たちに、どうやったら刺さるかを考えて発信していくこと。「フィットネスってギャンギャン踊ったりガシガシ追い込んだりする場所でしょ?」ってイメージを持っている方に、どう興味を持ってもらえるかは今後より注力していきたい。結果、街全体はもちろん業界全体が盛り上がったら最高ですね!




本人提供


僕が目指しているのは、スポーツ業界の輝く未来

__『BLUE GATE』第二章のスタートに尽力する、フィットネス業界を盛り上げる、街全体を盛り上げる。色々な目標はあると思うのですが、伊藤さんの最終目標と言いますか、それって聞かせていただけませんか?





伊藤:ありがとうございます!やっぱりさっきも少しお話しましたが、いつかはバスケチームを持ちたいっていうのはずーっとあります。それはいつ頃かになるかは具体的にイメージできていないんですけれど、バスケットを続けてきたからこそ今があるって自覚はあるので、この街にもバスケットにも貢献・恩返しはしていきたいですね。



__これは半分余談になってしまいますが、伊藤さんはブーストさん(アスリートマネジメント企業)に所属されていますよね?こちらではどんな活動をされていらっしゃるんですか?





伊藤:実はブースト自体、高校からの同級生が立ち上げているんですよ。彼はサッカー畑出身なんですけれど、私が選手時代にキャラクター設定を頑張っていたことを知っていて、それこそJリーグ関係のメディアの方から取材の依頼をブースト経由でいただけたりもしてたんです。なので引退したアスリートという側面の仕事は、全部ブーストさんに任せていて、ビジネスとしては個人でビジネスを持っているって感じです。



__あ、そうなんですね!その二足の草鞋も、なかなか伊藤さんでしかできないだろうな……と思います。





伊藤:私が現役でキャラ設定を頑張っていた頃って、当時は企業公式アカウントをTwitterでみんな作り始めた時期でして。みんな自社商品をPRしたりしてたんですが、それ面白いと思って、会社ではないけど個人として繋がりあったら面白いし楽しんでもらえたらなって思って私もTwitterとかブログを頑張ってたんです。

そうしたら『キングジム』さんから「一緒に商品展開しませんか?」ってお話をいただけて。結果Bリーグとして、Bリーグの商品をキングジムさんで作るみたいなコラボ商品を生むことができたり。Twitterとは別件ですが引退後には「子どもたちの前で講演してくれないか」って依頼もいただけたり。色んな繋がりから色んなご依頼をいただけてるので、それぞれで面白いことができたら、本当に幸せですね!


__となると、バスケット業界やフィットネス業界はもちろん、伊藤さんはスポーツ業界全体を盛り上げていく存在になれるんじゃないかなって、個人的に思います!今後の活躍も、とても期待しています!





伊藤:そうなれれば私も非常に嬉しいですね!まぁまぁ、とはいえ着実に。一番その場その場所にあった何かを選んでしっかり進めたいっていう想いは根底にあるので、そのためには周りを知らないといけませんし、私もまだまだ勉強です。改革自体はゆっくりですけれど、今は『BLUE GATE』を通じて多くの人を笑顔にしたいこの街をもっと盛り上げたい。そのために今回はスポジョバさんで求人も出させていただいてますから、一緒に色んなことに挑戦して、面白いことにチャレンジしていける方が集まってくださったら嬉しいです。私としてもクラブとしても第二章。まだまだこれからなので、頑張ります!


__イートンさん!お忙しいところ、本当にありがとうございました!







伊藤氏が運営する『BULE GATE』の求人はコチラ!

▼将来的な正社員・店長を見込んだ募集


▼アルバイトスタッフの募集


【PROFILE (『BLUE GATE』編)】

伊藤俊亮|(株)ビスタ:代表取締役

千葉ジェッツにて営業部長として活躍し、バスケットボール業界に貢献していきたいとまい進していたものの、一旦自分の夢を横に置き、お子さんとの時間を確保するべく実家の稼業である不動産会社を引き継ぐ。約2年、その生活を続け子育ても落ち着いてきたタイミングで「次のステージに進みたい」と考え日本M&Aセンターの方から『BLUE GATE』の紹介を受ける。事業譲渡にて同フィットネスクラブを受け継ぎ、現在『BLUE GATE』運営企業の(株)ビスタ代表として、いわゆるセカンドキャリアを歩んでいる。

「スポーツ自体に興味がない人に対して、バスケットやスポーツなど競技の魅力を届けにいくことが趣味」と語り、将来的にはバスケットボール界、スポーツ業界に貢献したいと考え日々活動中。千葉ジェッツ時代に培った人脈で「コクボのロックアイス」の商品を使ったオプションプランの商品を企画し、担当部署を小久保製氷冷蔵・小久保社長に紹介してもらい、実際に商品化して取り組みが始まるなど、小さなことから繋がりを作り実現するまでの行動力がある。

とにかく漫画が好き。紙派であり家には山積みになっているという。「スラムダンクとリアル以外で好きなマンガは?」と聞けば『とんがり帽子のアトリエ』(祝アニメ化決定)と話してくれた。ちなみに「『進撃の巨人』は、巨人の首の後ろを切って倒そうとするのが怖いから読んでいない」と、204cmあるご自身を指さしながら冗談交じりに語ってくれた、温厚な性格の持ち主でもある。


■フィットネスクラブ ブルーゲート公式HP

 https://bluegate-fitness.jp/

■フィットネスクラブ ブルーゲート公式Twitter

 @bluegate_fit

■ フィットネスクラブ ブルーゲート公式Instagram

 bluegate_yokohama

■伊藤俊亮公式Twitter

 @e_ton34


バスケットボールのピックアップ求人







最新の取材記事


スポジョバ公式ライン



(PR)スポーツ求人の掲載ならスポジョバ!期間無制限で掲載費無料!




+

「自分の長所と短所を教えてください」

面接で必ずと言っていいほど聞かれる内容だと思う。企業の採用担当は、その人のパーソナルな部分を知るためにこのような質問をしたり、アイスブレイクして本心を聞き出そうとすることがしばしばある。一方で、スキルに関しては履歴書を見ればある程度は理解できる。となると、面接は本人のスキルの確認と会社のカラーに合うかどうかの確認だけと言ってもいいかもしれない。

一方、アスリートとなるとどうだろう。自分の年俸はいくらか、チームの戦術にどうフィットできるか、プレイ以外の付加価値をどれだけつけられるか……etc そんな目線でGMとプレイヤー(ないしは代理人)が話をし、行く先々を決めている。サラリーマンと違うのは"引退"があるかどうかだけだが、それが1つ高いハードルになっているのかもしれない。

現在『BLUE GATE』というフィットネスクラブを経営する、元バスケットボール男子日本代表選手の伊藤俊亮氏「正直、アスリートのセカンドキャリアは、そんなにムズかしくないです」「広い視野でみれば、経験を活かせることっていっぱいあるんです」と非常に物腰柔らかく語る。前編は『アスリートのセカンドキャリアについて』。今回の後編『フィットネスクラブを事業譲渡にて引き継いだ理由』について。「想いもしない形でしたが、スポーツ業界に戻ってきました!」と笑顔で語る彼が、バスケットボール業界を退いた後に見つけた次なる面白いこととは……?


(取材:構成=スポジョバ編集部 小林亘)

(PR)気軽にスポーツ情報ツウ?!「スポジョバ」公式LINEはこちら!


灯台下暗し。引退後に選んだ道とは。

__調べれば一発で出てきてしまうのですが、伊藤さんは千葉ジェッツを1年で退職されていますよね?その後、現在に至るまでの話をまずはお伺いしたいなと。





伊藤:これもセカンドキャリア問題につながってくるんですけれど、結構選手だと時間に余裕があるんですよ。遠征とかは多いんですけれど、遅くまでの仕事とかはないですし。千葉ジェッツのフロントとして働き始めてから間違いなくやりたいことはできていたものの、一方私はシングルファーザーですから、子どもたちとの時間を全く取れなくなってしまって。ここが結構ギャップでした。やっぱり選手時代は練習や試合が終わったあとの時間って、子どもたちとも多く過ごせていたんですけれど、会社員になってからそうじゃなくなってしまった、というのが難しいなぁと。


__なるほど……。いきなり突っ込みすぎました、すみません。。。





伊藤:いえいえ(笑)。甘く見ていたつもりはないんですが、やっぱり大変でした。選手としてのキャリアの最後の方からそういう状況だったので、体力的にも厳しくって。千葉ジェッツのフロントとして、法人のお客様に興行時のイベントや興行自体を販売し、それぞれのゲームで冠スポンサーさんに対して提案内容を考えて調整して実施してフィードバックして、かつ新規営業もやって……etc。めちゃめちゃ良い経験にはなったものの、やっぱり忙しさは選手の時以上でした。セカンドキャリアとして活躍はできるだろう、自分自身のPR方法は選手時代と同じだろうと思っていたものの……ですね。それで、家族にウエイトを置きながら仕事をさせてもらう時間が必要だなと思って、一度実家に戻り不動産をやることになりまして。


__一旦ご自身の目標を横に置くという選択は、家族思いな伊藤さんを象徴している気もします。






伊藤:ありがとうございます。私は選手時代から「ハードなプレイヤーだけど、話すと意外とソフトなタイプです」ってキャラクターも表現していたので、私の想いを周りがすぐ理解してくれたのもありがたかったですね。……それで前編でもお話した通り、父はビジネスマンで色んな事業をやっていて。私が小さい頃は玩具を輸入して販売するって小売業をやっていたんですけど、私が戻るときは不動産売買の会社をやっていたので、それを引き継いで。

2年くらいやってて慣れてきたタイミングで、子育ても落ち着いてきたので「そろそろ面白いこと、次に挑戦できるな」って思い始めたのが当時のことですね。そこでお付き合いがあった『日本M&Aセンター』っていう、仲介業ではかなり大手さんなんですが、その担当者の方に「何か面白い案件ないですか?」って相談をするようになってですね。


__これまで売り込んできたご自身のキャラクターが、ここでも活きてくるわけですか……!ところで、M&Aセンターさんから、どんなところをご紹介いただけたんですか?






伊藤:いやー本当に様々ですよ!詳しいことはここでは言えないですけど、飲食業から宿泊業、スポーツ関係もチラホラありましたけど……とかとか(笑)。ただ、私はスポーツチームを経営してみたかったんですよ。プロスポーツチーム。「今結構スポーツ業界厳しいから、(案件)あるでしょ?(笑)」みたいに言ってたんですけど、中々案件としては出てこなくて。そんなタイミングでご提案いただけたのが『BLUE GATE』だったんです。

「フィットネスね~」って最初は思ったんですけど、話を聞いたらめちゃめちゃ家から近くて。なのに私は存在を知らなかったんです。紹介してもらい意識してから「あ、これか!」って。ちょっと興味を持ち始めて「詳しく聞かせてください」って言ったのが『BLUE GATE』との出会い。それで実際お店に行ってみたら、建物も内観もすごくキレイで広さも十分。これは面白いかもしれないって、挑戦しようって決めたのが最初ですね。




千葉ジェッツフロント時代の写真(本人提供)


必要なことは、ぜんぶバスケットが教えてくれた。

__チームを持ちたいと思っていた伊藤さんが、フィットネスクラブに興味を持った理由ってどんなところにあったんでしょう?






伊藤:2つありまして、1つは健康寿命だなんだってフィットネスが再び注目され始めていた所で面白そうだなって思ったのが1つ。もちろん私自身も、身体を動かすのは好きですし。そしてもう1つはビジネスモデル。基本的にモデルとしては施設の時間貸しではあるものの、会員さんがいてクラブがあってっていう構造じゃないですか。法人・個人のお客様がいて、クラブの熱量を高めて、会員さんから愛されるクラブを創っていく。これってプロスポーツチームもフィットネスクラブも全く一緒だなって。これに気づけたので、やり方としては経験をそのまま活かしてやれるぞ!って直感的ですけど思えたんですよ。


__その発想は凄い!たしかに言われてみると同じですね!……とはいえ「『BLUE GATE』を経営する」っていうことに、どんな魅力と言いますか。「家の近くのキレイな建物にあるフィットネスだから決めた」だけではないと思うので。






伊藤フィットネスクラブに通う理由の中で「近いから」って小さくないと思うんです。近いから行く。近くにないから行かない。って。それにこの辺り(桜木町周辺)では、大手のフィットネスクラブさんがドン!って駅前に建ってたりはするんですけれど、いわゆるプロスポーツチームのような"地域密着"みたいなところを意識しているクラブさんは少ないと調査して感じまして。

……実は『BLUE GATE』もそうで、元々このクラブは北陸のほうの会社が遠隔でずっと運営を続けていたんですね。そうすると"地の利"がわからない、地域の把握ができない中での運営だったという現状を理解できたんです。それであれば、自分が実際に入って地域の方と顔を合わせながら運営していくことって絶対必要だし、面白くできるんじゃないかなって。


__その考え方って、結構千葉ジェッツのフロント時代に培ったものが大きいんじゃないですか?まさにジェッツさんが「アリーナを満員にするぞ!」って考え活動されていた内容と同じ方向性なんじゃないかな……と。






伊藤:本当にそうです!同じです!「千葉ジェッツでファンの方を増やそう!」と思ったときに、まずは船橋市の方々に応援してもらえるように活動をしなきゃいけないじゃないですか。それと全く同じ。遠隔で経営していた『BLUE GATE』が、まずは日ノ出町の方々に愛してもらえるように活動することから始める。これは自分にしかできないって自信はありましたね。だから始めました。



__地元の方々に愛してもらえるクラブにするため、伊藤さんはどんなことを意識していらっしゃるんですか?






伊藤:一言で言うと「コミュニティの活性化」ですかね!





__と言いますと?






伊藤:このエリアってお店もいっぱいあるんです。住んでいる方も多い。そうなったときに、地域で働く方・住んでいる方としっかり繋がっていきたいと思っていて。もっと具体的に言うと『BLUE GATE』の目の前って運河になっているんですけど、そこでSUPをやっているクラブさんがあるんです。ご挨拶させていただいた際に「たとえばウチに通うお客様に対して店舗外レッスンみたいな形で、SUP体験を提供できたら面白くないですか?」とかって話で盛り上がれたり。

それから脱毛サロンが近くにあるんですが、サロンの方とお話する中で「お互いの所だけじゃ理想の自分になるってゴールはほど遠いよね」って話になって。「スリムだけど毛がボーボーじゃあね」とか「ツルッツルだけど、身体はポヨポヨじゃあね」とか(笑)。「じゃあ今度お互いのお客様向けに体験会やりましょうよ!」って話をしたりして。そういう感じで地域のお店と上手く提携しながら、コミュニティを上手く作っていきたいんです。




ブルーゲートのエントランス(本人提供)



この場所だけじゃない。この場所から始まる。

__単純に「地場で何十年やってます!」だけではなくて、そこのお店に行くとこんな付加価値があるって感じられるのは、めちゃめちゃ店舗としての価値が高まるだろうって、お話を聞くだけでも思います!






伊藤:フィットネス目的で来たのに、SUPできたり脱毛体験できたら絶対面白いと思うんですよね!……ただ『BLUE GATE』のM&Aのお話をいただいてからすぐコロナになってしまったので「一旦案件を止めさせてください」って話をして。それで半年くらい待っていただいて、2020年11月頃に本格的に再び動き始めたんですよ。そこから条件交渉をして譲渡まで半年以上かかり……。

実際に引き継いだのもコロナ禍なので、出来ることは限られていました。なので、まだまだこれからです!もっと『BLUE GATE』を進化させていかないと!



__早速コミュニティの活性化のために動かれているからこそ、本格始動してから既に何か取り組まれていることとかもあるんじゃないですか??






伊藤:正式に私が舵を取り始めたのは、2021年の5月からなんです。だからまだまだやりたいこと全ては出来ていないんですが、1つ始まった大きな施策で言えば"看板"ですね。

『BLUE GATE』は京急「日ノ出町」駅を出てすぐ、横断歩道を挟んで目の前のビルの3Fに入っているんです。ですから、駅から出てきた人は絶対にこのビルを見るんですよ。でも3Fまで目線を上げてもらえる機会が少なかったんです。だから「LEDの看板を入れて、動画を流せば見ていただけるんじゃないかな」って思って、導入することに決めたんです。ゆくゆくは、PRに困っているお店の動画広告を流したりして、お手伝いができないかなとか、そういうことも考えてますね!


__めちゃめちゃいいですね!伊藤さんは『BLUE GATE』だけではなく、街そのものも魅力的にしていきそうですね!






伊藤:やっぱり私は幼少期の大半を神奈川県で育ったので、いわゆる地元に恩返しみたいなことはしていきたいんですよ!『BLUE GATE』という名前を引き継いだ理由もそこにあって。この地域に根差してやってきたこの場所を、経営が私になったからといって名前を変えるメリットってないと思ったんです。元々いた会員様も、今まで『BLUE GATE』に携わってくださっていた人もいるわけです。だから"承継したリニューアル"っていうのは強くイメージしていまして

ですから、今あるものをより良くしていくのが私の仕事。第二章ってなると新しい会員様をはじめ、元々いたスタッフもリニューアルそのものを楽しいと思ってもらえるように、そして「あそこ面白い事やっているよね」って言ってもらえるように。魅力を感じてもらえるクラブにしていきたいと思っています。


__看板の話も出ましたが、足元を見ればやらなきゃいけないことも多いのでは?と思います。その上で今後どんな活動をされていくんですか?






伊藤:それもバスケットをやっていたときに感じたことですけど、やっぱりバスケットの試合を観に来て下さる方って、もともとバスケットに興味を持っている人が多いんです。野球が好き、サッカーが好きって人はそこまで多くない。その"新しく知る層"や"全然興味がなかった層"を引き込むために、ウチの魅力をTwitterなどSNSで伝えることは大切にしたいんですよね。



__それは大切ですね!ちなみに当時はどんな活動をしたんですか?






伊藤:千葉ジェッツ時代に、バスケに全く興味なかった方々に対して「実は、千葉ジェッツに原修太(#31)っていう、ゴツゴツしたけど外見だけど笑顔がめちゃくちゃ可愛いヤツがいるんですよ」って原選手を紹介したことがありまして(笑)。それ結構面白がってもらって、今まで全くBリーグやバスケットボールに興味なんてなかった各企業公式アカウント様が申し合わせて観に来てくださったことがあったんですよ。

いまフィットネス業界、当社に必要なのは"それ"なんです。今のはあくまで一例ですが、そういった"身体を動かす"とか"健康"にそこまで興味がない人たちに、どうやったら刺さるかを考えて発信していくこと。「フィットネスってギャンギャン踊ったりガシガシ追い込んだりする場所でしょ?」ってイメージを持っている方に、どう興味を持ってもらえるかは今後より注力していきたい。結果、街全体はもちろん業界全体が盛り上がったら最高ですね!




本人提供


僕が目指しているのは、スポーツ業界の輝く未来

__『BLUE GATE』第二章のスタートに尽力する、フィットネス業界を盛り上げる、街全体を盛り上げる。色々な目標はあると思うのですが、伊藤さんの最終目標と言いますか、それって聞かせていただけませんか?





伊藤:ありがとうございます!やっぱりさっきも少しお話しましたが、いつかはバスケチームを持ちたいっていうのはずーっとあります。それはいつ頃かになるかは具体的にイメージできていないんですけれど、バスケットを続けてきたからこそ今があるって自覚はあるので、この街にもバスケットにも貢献・恩返しはしていきたいですね。



__これは半分余談になってしまいますが、伊藤さんはブーストさん(アスリートマネジメント企業)に所属されていますよね?こちらではどんな活動をされていらっしゃるんですか?





伊藤:実はブースト自体、高校からの同級生が立ち上げているんですよ。彼はサッカー畑出身なんですけれど、私が選手時代にキャラクター設定を頑張っていたことを知っていて、それこそJリーグ関係のメディアの方から取材の依頼をブースト経由でいただけたりもしてたんです。なので引退したアスリートという側面の仕事は、全部ブーストさんに任せていて、ビジネスとしては個人でビジネスを持っているって感じです。



__あ、そうなんですね!その二足の草鞋も、なかなか伊藤さんでしかできないだろうな……と思います。





伊藤:私が現役でキャラ設定を頑張っていた頃って、当時は企業公式アカウントをTwitterでみんな作り始めた時期でして。みんな自社商品をPRしたりしてたんですが、それ面白いと思って、会社ではないけど個人として繋がりあったら面白いし楽しんでもらえたらなって思って私もTwitterとかブログを頑張ってたんです。

そうしたら『キングジム』さんから「一緒に商品展開しませんか?」ってお話をいただけて。結果Bリーグとして、Bリーグの商品をキングジムさんで作るみたいなコラボ商品を生むことができたり。Twitterとは別件ですが引退後には「子どもたちの前で講演してくれないか」って依頼もいただけたり。色んな繋がりから色んなご依頼をいただけてるので、それぞれで面白いことができたら、本当に幸せですね!


__となると、バスケット業界やフィットネス業界はもちろん、伊藤さんはスポーツ業界全体を盛り上げていく存在になれるんじゃないかなって、個人的に思います!今後の活躍も、とても期待しています!





伊藤:そうなれれば私も非常に嬉しいですね!まぁまぁ、とはいえ着実に。一番その場その場所にあった何かを選んでしっかり進めたいっていう想いは根底にあるので、そのためには周りを知らないといけませんし、私もまだまだ勉強です。改革自体はゆっくりですけれど、今は『BLUE GATE』を通じて多くの人を笑顔にしたいこの街をもっと盛り上げたい。そのために今回はスポジョバさんで求人も出させていただいてますから、一緒に色んなことに挑戦して、面白いことにチャレンジしていける方が集まってくださったら嬉しいです。私としてもクラブとしても第二章。まだまだこれからなので、頑張ります!


__イートンさん!お忙しいところ、本当にありがとうございました!







伊藤氏が運営する『BULE GATE』の求人はコチラ!

▼将来的な正社員・店長を見込んだ募集


▼アルバイトスタッフの募集


【PROFILE (『BLUE GATE』編)】

伊藤俊亮|(株)ビスタ:代表取締役

千葉ジェッツにて営業部長として活躍し、バスケットボール業界に貢献していきたいとまい進していたものの、一旦自分の夢を横に置き、お子さんとの時間を確保するべく実家の稼業である不動産会社を引き継ぐ。約2年、その生活を続け子育ても落ち着いてきたタイミングで「次のステージに進みたい」と考え日本M&Aセンターの方から『BLUE GATE』の紹介を受ける。事業譲渡にて同フィットネスクラブを受け継ぎ、現在『BLUE GATE』運営企業の(株)ビスタ代表として、いわゆるセカンドキャリアを歩んでいる。

「スポーツ自体に興味がない人に対して、バスケットやスポーツなど競技の魅力を届けにいくことが趣味」と語り、将来的にはバスケットボール界、スポーツ業界に貢献したいと考え日々活動中。千葉ジェッツ時代に培った人脈で「コクボのロックアイス」の商品を使ったオプションプランの商品を企画し、担当部署を小久保製氷冷蔵・小久保社長に紹介してもらい、実際に商品化して取り組みが始まるなど、小さなことから繋がりを作り実現するまでの行動力がある。

とにかく漫画が好き。紙派であり家には山積みになっているという。「スラムダンクとリアル以外で好きなマンガは?」と聞けば『とんがり帽子のアトリエ』(祝アニメ化決定)と話してくれた。ちなみに「『進撃の巨人』は、巨人の首の後ろを切って倒そうとするのが怖いから読んでいない」と、204cmあるご自身を指さしながら冗談交じりに語ってくれた、温厚な性格の持ち主でもある。


■フィットネスクラブ ブルーゲート公式HP

 https://bluegate-fitness.jp/

■フィットネスクラブ ブルーゲート公式Twitter

 @bluegate_fit

■ フィットネスクラブ ブルーゲート公式Instagram

 bluegate_yokohama

■伊藤俊亮公式Twitter

 @e_ton34


バスケットボールのピックアップ求人







最新の取材記事


スポジョバ公式ライン



(PR)スポーツ求人の掲載ならスポジョバ!期間無制限で掲載費無料!




+

設立年月 2021年04月
代表者 伊藤 俊亮
従業員数 -
業務内容

フィットネスジムの運営など

友達追加するとあなたに合ったスポーツ業界情報をおしらせできます

友達追加する!

スポーツ業界の求⼈を探す


X
X
スポーツ業界の求⼈を探す

X

X

スポジョバについてもっと知る気軽にスポーツ業界の情報を知る

スポジョバ 公式SNS

フォローすればスポーツ業界の情報感度が上がる!