【スキー】パラレルターンとは?コツややり方を解説します!

編集部 スポジョバ

【スキー】パラレルターンとは?コツややり方を解説します!

編集部 スポジョバ

初心者から上級者へ!?

上級者になる一歩として代表的なのがパラレルターンです。

なかなかいきなり出来るものではありません。

そこで今回はパラレルターンのコツややり方を解説していきます!

【スキーを仕事に!】→仕事を見に行く。

(PR)気軽にスポーツ情報ツウ?!「スポジョバ」公式LINEはこちら!



そもそもパラレルターンって何?

パラレルターンの前に初心者に最適な滑り方、ボーゲンの基本を抑えておきましょう!

上級者でも立ち返る事があるボーゲンは、基本的なテクニックが詰まっています。

ボーゲンの基本姿勢は、スキー板で作り出す「ハ」の字です。

板を平行にして自然に直立し、「板の先端=トップ」はそのままで、「板の後ろ=テール」を少し開きます。

太ももの内側に少し力を入れてこれを維持しましょう。

斜面では足首に力を入れて、スネがブーツ前に当たる前傾姿勢を維持するのも大切です。

以上がボーゲンの基本です。

それではパラレルターンとは何でしょうか?

簡単にいうとパラレルターンとは、両足のスキー板を平行に保って滑る方法です。

曲がるときに曲がる方向とは反対側のエッジを立てて曲がります。

スキーのパラレルターンの基本動作は、英語のSをイメージすると良いでしょう。

スタートのカーブラインからちょうどラインが真っ直ぐになる最初の点と最後の点をイメージします。

真っ直ぐになる部分に切り替わる時、多くの人がスピードが出る事で恐怖心が出てしまうため、一番難しい部分とも言えます。


パラレルターンのコツはこれだ!

ではパラレルターンのコツは何でしょうか?

スキーの板を揃えたり、足を揃えるというイメージがありますよね?

そのイメージも大切ですが、膝をつけるというのを意識してみてください!

膝をつけて滑る事で自動的にスキーの板が揃っていたり、足を揃える事ができるのです。

つまり両足の膝をつけてスキーを滑る事が上達するためのポイントです!

膝で野球ボールを挟んでいるイメージを持ちながら滑る事がおすすめです。

もう一つは目線です!

パラレルターンはどうしてもスピードが出やすくなります。

そうすると怖くなってどうしても足元を見ようとしてしまいます。そのためスピードが早く思えて後ろ重心になってしまいます。

結果的にスキー板が浮いてしまい、よりスピードが出てしまうことになります。

これでは悪循環ですよね?

そうならないためにも恐怖心を捨て遠くを見るように意識しましょう。

スキーは見ている方向に勝手に行こうとします。なので行きたい方向に目線を持っていきましょう!

これはパラレルターンだけでなく全てにおいて大切です!

是非試してみてくださいね!


パラレルターンで差をつけよう!

練習は自宅でも出来ます!

自宅では自分がスキー場にいる事をしっかりイメージしましょう。

特に曲がり方を意識しましょう。

曲がり方の基本は、やはりスキー板の片方に完全に乗ってしまう事です。

この際、膝をしっかり曲げる事で衝撃を吸収してくれるので曲がりやすくなります。

曲がり方自体はそんなに難しくないのでイメージトレーニングから曲がり方をイメージして練習してみましょう。

パラレルターンをマスターすると、スキーのエッジを使って大きくS字ターンが出来るようになったりプロのような細かい切り返しが出来るようになります。

是非チャレンジしてみてくださいね!

ウィンタースポーツのピックアップ求人





ウィンタースポーツのピックアップ記事





▶▶ウィンタースポーツの求人一覧をみる

▶▶ウィンタースポーツの記事一覧をみる



最新の取材記事


スポジョバ公式ライン



(PR)スポーツ求人の掲載ならスポジョバ!期間無制限で掲載費無料!



初心者から上級者へ!?

上級者になる一歩として代表的なのがパラレルターンです。

なかなかいきなり出来るものではありません。

そこで今回はパラレルターンのコツややり方を解説していきます!

【スキーを仕事に!】→仕事を見に行く。

(PR)気軽にスポーツ情報ツウ?!「スポジョバ」公式LINEはこちら!



そもそもパラレルターンって何?

パラレルターンの前に初心者に最適な滑り方、ボーゲンの基本を抑えておきましょう!

上級者でも立ち返る事があるボーゲンは、基本的なテクニックが詰まっています。

ボーゲンの基本姿勢は、スキー板で作り出す「ハ」の字です。

板を平行にして自然に直立し、「板の先端=トップ」はそのままで、「板の後ろ=テール」を少し開きます。

太ももの内側に少し力を入れてこれを維持しましょう。

斜面では足首に力を入れて、スネがブーツ前に当たる前傾姿勢を維持するのも大切です。

以上がボーゲンの基本です。

それではパラレルターンとは何でしょうか?

簡単にいうとパラレルターンとは、両足のスキー板を平行に保って滑る方法です。

曲がるときに曲がる方向とは反対側のエッジを立てて曲がります。

スキーのパラレルターンの基本動作は、英語のSをイメージすると良いでしょう。

スタートのカーブラインからちょうどラインが真っ直ぐになる最初の点と最後の点をイメージします。

真っ直ぐになる部分に切り替わる時、多くの人がスピードが出る事で恐怖心が出てしまうため、一番難しい部分とも言えます。


パラレルターンのコツはこれだ!

ではパラレルターンのコツは何でしょうか?

スキーの板を揃えたり、足を揃えるというイメージがありますよね?

そのイメージも大切ですが、膝をつけるというのを意識してみてください!

膝をつけて滑る事で自動的にスキーの板が揃っていたり、足を揃える事ができるのです。

つまり両足の膝をつけてスキーを滑る事が上達するためのポイントです!

膝で野球ボールを挟んでいるイメージを持ちながら滑る事がおすすめです。

もう一つは目線です!

パラレルターンはどうしてもスピードが出やすくなります。

そうすると怖くなってどうしても足元を見ようとしてしまいます。そのためスピードが早く思えて後ろ重心になってしまいます。

結果的にスキー板が浮いてしまい、よりスピードが出てしまうことになります。

これでは悪循環ですよね?

そうならないためにも恐怖心を捨て遠くを見るように意識しましょう。

スキーは見ている方向に勝手に行こうとします。なので行きたい方向に目線を持っていきましょう!

これはパラレルターンだけでなく全てにおいて大切です!

是非試してみてくださいね!


パラレルターンで差をつけよう!

練習は自宅でも出来ます!

自宅では自分がスキー場にいる事をしっかりイメージしましょう。

特に曲がり方を意識しましょう。

曲がり方の基本は、やはりスキー板の片方に完全に乗ってしまう事です。

この際、膝をしっかり曲げる事で衝撃を吸収してくれるので曲がりやすくなります。

曲がり方自体はそんなに難しくないのでイメージトレーニングから曲がり方をイメージして練習してみましょう。

パラレルターンをマスターすると、スキーのエッジを使って大きくS字ターンが出来るようになったりプロのような細かい切り返しが出来るようになります。

是非チャレンジしてみてくださいね!

ウィンタースポーツのピックアップ求人





ウィンタースポーツのピックアップ記事





▶▶ウィンタースポーツの求人一覧をみる

▶▶ウィンタースポーツの記事一覧をみる



最新の取材記事


スポジョバ公式ライン



(PR)スポーツ求人の掲載ならスポジョバ!期間無制限で掲載費無料!



友達追加するとあなたに合ったスポーツ業界情報をおしらせできます

友達追加する!

スポーツ業界の求⼈を探す


X
X
スポーツ業界の求⼈を探す

X

X

スポジョバについてもっと知る気軽にスポーツ業界の情報を知る

スポジョバ 公式SNS

フォローすればスポーツ業界の情報感度が上がる!