徹底解説!パブリックビューイングのやり方や開催場所とは?

編集部 スポジョバ

徹底解説!パブリックビューイングのやり方や開催場所とは?

編集部 スポジョバ

最近よく聞くパブリックビューイング。

ラグビーワールドカップが開催された時期からよく聞くようになりましたが、沢山の場所で開催されているのをご存知ですか?

パブリックビューイングはなかなか生でスポーツを見に行けない方も臨場感を味わえるのです!

今回はパブリックビューイングのやり方や、主に行なっている開催場所などをご紹介します!

(PR)気軽にスポーツ情報ツウ?!「スポジョバ」公式LINEはこちら!


パブリックビューイングとは?

パブリックビューイングの意味は、スポーツやコンサートなどのイベントにおいて、スタジアムや街頭などにある大画面の映像機材を設置して観戦や観覧をすることを指します。

会場は無料の場合も、有料の場合もあります。街頭テレビのように無料解放される場合もあれば、映画館などで入場料を支払う場合などもあります。バーや居酒屋・飲食店、スタジアム周辺で開催されているのも多くなってきました。

「会場に行きたくても行けない!」「チケットが当たらなかった!」

このような場合に気軽に会場の熱を感じながら臨場感たっぷりで、スポーツやコンサートを楽しめるということで利点があり今とても人気なんです!

近年ではサッカーや野球、ラグビーを始め沢山のスポーツの場面で多くパブリックビューイングが行われています。ワールドカップやオリンピックなどの大きな大会が開催されると街頭以外でもバーや居酒屋、飲食店でも多く行われています!お酒を飲みながらのスポーツ観戦は盛り上がりますよね。

屋外でのパブリックビューイングも新しく出てきて、珍しいケースだと車に乗ったまま見れるようなイベントもあるんです。新型コロナウイルス状況下にも対応できるイベントと言えるかもしれません。

国際大会だと外国の方なども多く参加されるので、様々なコミュニケーションが取れてとても盛り上がりますよ!

バスケ初心者必見!Bリーグ観戦前に知っておくべき3つのこと!


パブリックビューイングはいつから始まった?

今では比較的当たり前のように行われるパブリックビューイングですが、その始まりは2002年の日韓ワールドカップの時だとされています。当時の観戦方法としては現地の会場か、自宅のテレビしかありませんでした。

そこで、沢山のサッカーファンの要望によりパブリックビューイングが実現しました!その後は急速に広まっていきスポーツイベントだけにとどまらず、音楽イベントやコンサートなど多岐にわたって活用されるようになってきました。

世界に目を向けると、ドイツではワールドカップ決勝戦を観戦するためにパブリックビューイングイベント会場に20万人以上のサポーターが駆けつけたといわれています。

実際に会場に行きたくてもチケットがなくて入れないという状況は十分に考えられますよね?

そんな時は是非パブリックビューイングを利用して最高の瞬間を共有できると良いですね!

パブリックビューイングはいつ、どんな時に行われるのが多い?

パブリックビューイングの開催はワールドカップやオリンピックなどの大きな大会の際に開催されるのが多かったのですが、近年ではプロ野球やJリーグ などの好カードの対戦や決勝戦などにも活用され始めました。

ボクシングのタイトルマッチやテニスの全豪オープンなどスポーツでのジャンルは様々です。

記憶が新しいもので言うとラグビーワールドカップがありますね。ラグビーワールドカップでは、地方自治体が協力してスタジアム周辺でパブリックビューイングなどを行いました。また、多くのバーや居酒屋、飲食店でも開催されました。外国人観光客が多かったので、巨大スクリーンなどの機材を利用してパブリックビューイングをしたホテルなどもあり大変盛り上がりました。

新型コロナウイルスの影響下では会場に規制がかかっているため、なかなかスタジアムなどで見ることができません。

したがって、パブリックビューイングを活用して観戦できるように対策を取っているプロチームや企業が多く見られるようになりました。

なかなか自由に動けない今だからこそ、新しいパブリックビューイングの形も徐々に出始めているんですね!

パブリックビューイングのやり方は?

例えば、スポーツの中継を自分のバーや居酒屋、飲食店でテレビに写したり、プロジェクターを用いてスクリーンに写せば簡単に大画面でパブリックビューイングを行うことができます。しかし、何も知らずに無許可でやってしまうと違法になる可能性もあるので注意が必要です。

実はスポーツ中継は、著作物として扱われているのです!

著作権」と聞くと少し身構えてしまいますよね?

パブリックビューイングを開催する場合は、放送事業者へ申請し、許諾が必要となることがあります。しっかりと下調べをした上で開催する方が賢明でしょう。やり方や申し込み方法、条件などは大会によっても異なりますので、各大会の事務局が公開している「申請書類」などを確認してみてください!

おすすめのパブリックビューイング開催場所!

スポカフェ

SPACEMARKET

上記のサイトでは全国のパブリックビューイングやライブビューイングができるバーや居酒飲食店など、会場がたくさん紹介されているので是非ご覧ください!

比較的東京で多く開催されていますが、全国各地で様々な形のパブリックビューイングが開催されているので好きなスポーツやイベントで探してみてください。

プロ野球やJリーグ も盛り上がってきてるので、たくさん観戦してスポーツ業界全体が盛り上がるといいですね!

サッカーのピックアップ求人





サッカーのピックアップ記事





▶▶サッカーの求人一覧をみる

▶▶サッカーの記事一覧をみる



最新の取材記事


スポジョバ公式ライン



(PR)スポーツ求人の掲載ならスポジョバ!期間無制限で掲載費無料!




最近よく聞くパブリックビューイング。

ラグビーワールドカップが開催された時期からよく聞くようになりましたが、沢山の場所で開催されているのをご存知ですか?

パブリックビューイングはなかなか生でスポーツを見に行けない方も臨場感を味わえるのです!

今回はパブリックビューイングのやり方や、主に行なっている開催場所などをご紹介します!

(PR)気軽にスポーツ情報ツウ?!「スポジョバ」公式LINEはこちら!


パブリックビューイングとは?

パブリックビューイングの意味は、スポーツやコンサートなどのイベントにおいて、スタジアムや街頭などにある大画面の映像機材を設置して観戦や観覧をすることを指します。

会場は無料の場合も、有料の場合もあります。街頭テレビのように無料解放される場合もあれば、映画館などで入場料を支払う場合などもあります。バーや居酒屋・飲食店、スタジアム周辺で開催されているのも多くなってきました。

「会場に行きたくても行けない!」「チケットが当たらなかった!」

このような場合に気軽に会場の熱を感じながら臨場感たっぷりで、スポーツやコンサートを楽しめるということで利点があり今とても人気なんです!

近年ではサッカーや野球、ラグビーを始め沢山のスポーツの場面で多くパブリックビューイングが行われています。ワールドカップやオリンピックなどの大きな大会が開催されると街頭以外でもバーや居酒屋、飲食店でも多く行われています!お酒を飲みながらのスポーツ観戦は盛り上がりますよね。

屋外でのパブリックビューイングも新しく出てきて、珍しいケースだと車に乗ったまま見れるようなイベントもあるんです。新型コロナウイルス状況下にも対応できるイベントと言えるかもしれません。

国際大会だと外国の方なども多く参加されるので、様々なコミュニケーションが取れてとても盛り上がりますよ!

バスケ初心者必見!Bリーグ観戦前に知っておくべき3つのこと!


パブリックビューイングはいつから始まった?

今では比較的当たり前のように行われるパブリックビューイングですが、その始まりは2002年の日韓ワールドカップの時だとされています。当時の観戦方法としては現地の会場か、自宅のテレビしかありませんでした。

そこで、沢山のサッカーファンの要望によりパブリックビューイングが実現しました!その後は急速に広まっていきスポーツイベントだけにとどまらず、音楽イベントやコンサートなど多岐にわたって活用されるようになってきました。

世界に目を向けると、ドイツではワールドカップ決勝戦を観戦するためにパブリックビューイングイベント会場に20万人以上のサポーターが駆けつけたといわれています。

実際に会場に行きたくてもチケットがなくて入れないという状況は十分に考えられますよね?

そんな時は是非パブリックビューイングを利用して最高の瞬間を共有できると良いですね!

パブリックビューイングはいつ、どんな時に行われるのが多い?

パブリックビューイングの開催はワールドカップやオリンピックなどの大きな大会の際に開催されるのが多かったのですが、近年ではプロ野球やJリーグ などの好カードの対戦や決勝戦などにも活用され始めました。

ボクシングのタイトルマッチやテニスの全豪オープンなどスポーツでのジャンルは様々です。

記憶が新しいもので言うとラグビーワールドカップがありますね。ラグビーワールドカップでは、地方自治体が協力してスタジアム周辺でパブリックビューイングなどを行いました。また、多くのバーや居酒屋、飲食店でも開催されました。外国人観光客が多かったので、巨大スクリーンなどの機材を利用してパブリックビューイングをしたホテルなどもあり大変盛り上がりました。

新型コロナウイルスの影響下では会場に規制がかかっているため、なかなかスタジアムなどで見ることができません。

したがって、パブリックビューイングを活用して観戦できるように対策を取っているプロチームや企業が多く見られるようになりました。

なかなか自由に動けない今だからこそ、新しいパブリックビューイングの形も徐々に出始めているんですね!

パブリックビューイングのやり方は?

例えば、スポーツの中継を自分のバーや居酒屋、飲食店でテレビに写したり、プロジェクターを用いてスクリーンに写せば簡単に大画面でパブリックビューイングを行うことができます。しかし、何も知らずに無許可でやってしまうと違法になる可能性もあるので注意が必要です。

実はスポーツ中継は、著作物として扱われているのです!

著作権」と聞くと少し身構えてしまいますよね?

パブリックビューイングを開催する場合は、放送事業者へ申請し、許諾が必要となることがあります。しっかりと下調べをした上で開催する方が賢明でしょう。やり方や申し込み方法、条件などは大会によっても異なりますので、各大会の事務局が公開している「申請書類」などを確認してみてください!

おすすめのパブリックビューイング開催場所!

スポカフェ

SPACEMARKET

上記のサイトでは全国のパブリックビューイングやライブビューイングができるバーや居酒飲食店など、会場がたくさん紹介されているので是非ご覧ください!

比較的東京で多く開催されていますが、全国各地で様々な形のパブリックビューイングが開催されているので好きなスポーツやイベントで探してみてください。

プロ野球やJリーグ も盛り上がってきてるので、たくさん観戦してスポーツ業界全体が盛り上がるといいですね!

サッカーのピックアップ求人





サッカーのピックアップ記事





▶▶サッカーの求人一覧をみる

▶▶サッカーの記事一覧をみる



最新の取材記事


スポジョバ公式ライン



(PR)スポーツ求人の掲載ならスポジョバ!期間無制限で掲載費無料!




友達追加するとあなたに合ったスポーツ業界情報をおしらせできます

友達追加する!

スポーツ業界の求⼈を探す


X
X
スポーツ業界の求⼈を探す

X

X

スポジョバについてもっと知る気軽にスポーツ業界の情報を知る

スポジョバ 公式SNS

フォローすればスポーツ業界の情報感度が上がる!